So-net無料ブログ作成
検索選択

とある王女の戦闘代行-ソロプレイ- #1 [ヴァルキリープロファイル]

img2.png

ユーミルの首が告げたラグナロクの開戦
主神・オーディンは来るべき戦いに備えて戦力を増強するべく、戦乙女をミッドガルドへと派遣した。
ところが勇者を探し出すべく降り立った肝心の戦乙女・レナス=ヴァルキュリアは、
あろうことかエインフェリアとなった一人の少女に任務の全てを押し付けてしまう。
これは、期せずして世界の命運を押し付けられた少女の戦いの記録である。


主な登場人物
ジェラード:元アルトリア王国の王女。奸臣の計略で不死者と化し、死後エインフェリアとなった。
       本企画の主人公で、元は国民的美少女戦士の一人だったらしい。リーダー格の影武者
       を務めたことでも有名。
レナス:第6級神格を持つ戦乙女。本作品の主人公兼ヒロインだが、主神の命を「面倒くさい」という
     理由だけでジェラードに押し付けたニート女神。
     実は第2級限定神だったらしいが、それ以外にもジェラードとは因縁があるとか無いとか。
ラウリィ:クレルモンフェラン出身の弓闘士だが戦争に出兵して死亡、死後エインフェリアとなった。
     泳ぐのが苦手なかなづちの癖に海兵として志願し、「この戦争が終わったら結婚しよう」と
     死亡フラグを立てて見事に回収して見せたへたれ。へたれだから遺された恋人に対して
     何を言ったら良いか判らずにレナスに助言を求めた。
     死因は大方の予想通り海に落ちて溺死だったのは、言うまでも無いことである。
     これでも一応最年少のガンダムパイロットだったが、周囲を巻き込めるだけ巻き込んでお
     きながら自ら責任を取ることは無く他に転嫁する鬼畜っぷりを示した。
べりナス:商業都市ラッセンの貴族だったが、妻の嫉妬による呪いで命を落とした使用人の替わ
      りに死亡してエインフェリアとなった。
      大抵あっさりとヴァルハラ送りになるが、実は剣士としては最強クラスのエインフェリア。
      通常攻撃で「タエー!」と奇声を上げたり、決め技が「お芋エクストリーム」と聞こえたり、
      攻撃モーション自体に癖は無いもののちょっと変なキャラでもある。
      初見限定で英霊を圧倒する戦闘力を見せる教師兼元殺し屋で、某騎士王を素手で倒
      したこともあるとかないとか……


レ「でっこり~ん(=゚ω゚)ノぃょぅ」
ジェ「…………」
レ「あれ?おかしいなあ……もう1回、でっこり~ん(=゚ω゚)ノぃょぅ」
ジェ「…………」
レ「あれれ~、返事が無いぞ~!?もう1回、でっこり――――」
ジェ「喧しいわ!ヽ(`Д´)ノ」

#1 とある王女の旅立ちは

ジェ「前回チャプター0が終わったわけじゃが、今回はチャプター1のお話じゃ」
レ「いよいよ本格的に始まるわけか」
ジェ「というわけだから、さっさと精神集中して欲しいんじゃが……」
レ「精神集中!?なにそれ、美味しいの?(゚Д゚)ハァ?」
ジェ「お主、本気で言っておるのか?このままではお局……もといフレイが癇癪起こしかねんぞ」
レ「ちょっとしたボケのつもりだったのになあ……仕方ない。精神集中するか('A`)マンドクセ」

精神集中の結果
(´-`).。oO(ラウリィ→ゾルデ地下墓地→忘却の洞窟(ゾルデ北東)→べりナス)

ジェ「ふむふむ、どうやらこれはパターン3のようじゃな」
レ「パターン3?」
ジェ「精神集中の結果は大きく分けて4パターン存在しておるが、これはゲームを始めた時点でどの
   パターンになるかが確定しておる。尤も、実際に確認出来るのはチャプター1になってからじゃ
   が、チャプター2以降のエインフェリア加入時期や忘却の洞窟の出現位置が異なるのじゃよ」
レ「つまり、攻略の難易度が変わってくるというわけか……」
ジェ「お主にしては珍しく理解が早いのぅ。今回のパターン3は、比較的楽なタイプじゃな。まずはエ
   インフェリアを仲間にし、次いで忘却の洞窟へ向かうとしようかのぅ」

ラウリィ・べりナスを仲間にし、ラッセンで押し花・クレルモンフェランで戦乙女のペンダント・アルトリ
アでドラゴンスレイヤー・忘却の洞窟でその他アイテムを回収。

ジェ「仲間になったエインフェリアの中には、生前に関わりの深い場所へ行くとアイテムが回収出来
   る者もおるのじゃ。ただし、関連するエインフェリアを転送してしまうと回収が出来ぬから注意す
   る必要があるがのぅ」
レ「忘却の洞窟は4つしか回収出来なかったな。敵が強くて逃げの一手しかなかったが、無理して
  でも入った意味はあったのか?┐(゚~゚)┌」
ジェ「忘却の洞窟は一度入ると消えてしまうのみならず、強力な敵が徘徊しておる。しかし数に限り
   がある貴重なアイテムも入手出来るのじゃ。尤も、幾つ取れるかはランダムで決まるがのぅ」
レ「ということは、全部取れるまでロードでやり直しというわけか……('A`)マンドクセ」
ジェ「甘いわ!m9(・∀・)ビシッ!!

とある作業後に忘却の洞窟で回収したアイテム
鉄鉱石 黒真珠の粉 名剣ルインズ・フェイト ラーニング・リング 
折れた剣 エレメント・セプター ミスリル鉱石

レ「凄いなデコ姫、どうやったんだ?まさか……改造したんじゃ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」
ジェ「そんな真似するか!ヽ(`Д´)ノ 所謂小技や裏技の類じゃが、忘却の洞窟に限って宝箱の出現
   に関する環境変数を制御する方法があるのじゃよ。この制御方法を用いれば、忘却の洞窟の宝
   箱は全て回収することが可能になるのじゃ( ̄ー ̄)ニヤリ」

ゾルデ地下墓地ボス戦直前のジェラード
LV:5
DME:1092 STR:25 INT:125 AGL:63 DEX:21
MAG:425 RDM:34 AVD:88 HIT:21 DEF:0 RST:362
魔法:バーンストーム キュアプラムス ファイアランス
杖:エレメント・セプター 頭:ティアラ 体:クローク 腕:なし 足:グリーブ
装飾品:フェアリィ・ピアス
スキル:タクティクスLv4 ヒアーノイズLv5 サバイバルLv1 ファイトLv4 トリックLv5
     マーチLv4 フォーメーションLv4 アボイドLv3

ジェ「まずはCTを1減らすフェアリィ・ピアスを生成してからダンジョンに突入、新しいスキルのアボイド
   とアタックパワーを入手したのじゃ。アボイドは配列変換を行うとガッツに変換することが出来る
   ので、普通にプレイした場合なら迷わずガッツを選ぶじゃろうが、今回の企画では使用出来ぬ。
   それ故、このスキルはそのまま習得じゃな。アタックパワーはわらわにとって無意味なスキル
   であるからして、配列変換でディフェンドに変更した」
レ「チャプター0のボス戦はレベル2で挑んだのに、今回はレベル5なのは何故だ?」
ジェ「それはボスの能力を見れば判るじゃろう。ともかく、アリューゼの初期装備であるトゥハンデッド
   ソードをサンダー・ジェムに配列変換して戦闘開始。その経過は以下の通りじゃ」

ボス:ヴァイオレントエイプマン×1 ドロウシャーマン×2
ヴァイオレントエイプマン 弱点:なし
HP:4000
攻撃力:180 防御力:0 完全防御率:0 回避率:10 魔法攻撃力:10 魔法防御力:400
特殊攻撃:なし

ドロウシャーマン 弱点:なし
HP:1000
攻撃力:0 防御力:0 完全防御率:0 回避率:0 魔法攻撃力:490 魔法防御力:0
特殊攻撃:ファイアランス

主な戦闘経過
ターン3:バーンストーム(全体攻撃)でドロウシャーマン2匹を撃破
ターン4:ヴァイオレントエイプマンにサンダー・ジェムを使用、ライトニングボルトの効果(450×5)
ターン5:ヴァイオレントエイプマンにバーンストームで攻撃、ダメージ37
      ターン46まで毎ターンバーンストームで攻撃
ターン47:キュアプラムスでジェラードのDMEを回復
ターン51:ヴァイオレントエイプマンにバーンストームで攻撃
       ターン53まで毎ターンバーンストームで攻撃
ターン54:ヴァイオレントエイプマンにバーンストームで攻撃、ヴァイオレントエイプマンを撃破
       ボスの殲滅完了

入手アイテム
青灰色の首飾り:レベルアップ時に装備しているとCP+100の効果がある。
           強化時間の短縮に繋がるそこそこ重要なアイテム
宝冠フェルマー:闇耐性50%と一見すると優秀に思えるが、装備すると攻撃を受けたときに気絶
          し易いという特徴を持つ地雷アイテム。初期装備のティアラの方が優秀
ダマスクス製法書:配列変換でフェアリィピアスになるが、効果は重複しないので無意味
クールダンセル:氷の属性を持つ魔法だが、当分の間使用する機会は無い
マジックパワー:スキルレベル×30のINTが上昇する、基礎能力上昇の追加スキル。
          通常プレイでは勿論、今回の企画に於いては重要度が高いアイテム

レ「3レベル上げているのに1回の攻撃で37とか、桁が1つ足りてないんじゃ?(゚Д゚)ハァ?」
ジェ「足りてないのではなく、これが実際に与えられるダメージじゃよ。因みにレベル4以下ではなん
   と1しか与えられぬ。猿の魔法防御力が400もあるのが原因じゃな。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン」
レ「しかし、この戦闘経過を見ると回避しまくってダメージが殆ど無いように見える。これならもっと低
  いレベルでも、時間さえ掛ければ何とかなりそうな気がするのだが?」
ジェ「何とかなるぞ。確実に6000ターン以上掛かるが、それでも良ければのぅ( ̄ー ̄)ニヤリ」
レ「6000ターンって、それ間違ってないか?( ̄□ ̄;)!!」
ジェ「間違ってなどおらぬ。与えるダメージが1ということは、猿のHPが4000あるのだから、最低でも
   4000ターン分は攻撃が必要じゃ。更にレベルが低ければ回避率や最大DMEも低くなる。十数
   ターンも回避し続けるには、よほど幸運に恵まれぬ限りは不可能じゃよ。そしてDMEが低いと
   いうことはダメージを溜めて置けないということだから、必然的に回復回数も増えていくわけじゃ
   な。エリクサーも確実に尽きるから、途中から全てを魔法で賄う以外に方法が無くなるのじゃ」
レ「でも、やろうと思えば出来るのに、なんでわざわざレベルを上げたんだ?」
ジェ「時間が掛かりすぎるからじゃよ。おおよその概算ではあるが、6000ターンを経過させるために
   は約22時間以上、ほぼ丸1日を費やす必要があるからじゃ。レベルを上げずに1日潰すのと、
   2時間ほどレベル上げに割いてボス戦を20分程度に短縮するのとではどちらが良いかのぅ?」
レ「別に私が苦労するわけじゃないから、前者でも良かったんじゃないかな?(´・ω・`)」
ジェ「不毛な作業に付き合わされることになるんじゃがのぅ。しかも集中力が鈍って選択ミスし、その
   結果全滅してしまえばもう一度最初からやり直しじゃ。それでも良いのか?┐(´ー`)┌」
レ「…………それは勘弁してください orz」

ジェ「ボスを倒した後はベリナスを神界転送してチャプター終了。このチャプター1をクリアするまでに
   要した累積プレイ時間は3時間55分じゃ」
レ「結構時間掛かっている気もするが、レベル上げしていなかったらこの時点で累積24時間か……」
ジェ「(武器からジェムを作ってジェムのみで攻撃していれば、ボスは低レベルでも余裕じゃがな)」
レ「しかし、ラウリィってへたれと呼ばれたりダメな子扱いされているが、数少ない弓使いなのに何故
  ここまで悪し様に言われているのだろうか?」
ジェ「それはお主が弓を装備出来るからじゃな。通常攻撃・決め技のダメージ共にヴァルキリーが上、
   唯一の特性ともいえるガード貫通攻撃も魔法で代用が可能じゃ。魔術師相手ならガードされる
   ことはほぼ皆無であろうしのぅ┐(´ー`)┌」
レ「なるほど、そう考えると確かにラウリィはダメな要らない子だな(ノ∀`) アチャー」
ジェ「ところが初見プレイヤーはお主が弓を装備出来る事に気付かないから、たとえダメな子と判って
   いても、序盤唯一の物理遠隔攻撃ユニットと勘違いされて残ってしまうのじゃ。その煽りを受け
   てしまうのが最高クラスの攻撃力を持つベリナスというわけじゃな」
レ「ベリ茄子、カワイソス。・゚・(ノД`)・゚・。」
ジェ「そしてゲームが進み、お主が弓を装備出来る事実に気付いたときは最早手遅れ。中途半端な
   攻撃力で主力にはなれず、勇者適正値の低さゆえに神界転送も出来ず、気が付けばお荷物
   となり果てているのがラウリィじゃな」
レ「ラウリィは報われない子でもあるんだなあ」
ジェ「泳げないのに海兵として志願したのだから、死んだのはある意味自業自得じゃがな」
レ「…………」


前回までの記録
予告編 #1
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 6

コメント 8

ワンピース

あなたはワンピースのキャラだったら誰タイプ?あなたにピッタリのキャラを教えてくれるワンピースチェッカーで今日からキミも海賊王だ!
by ワンピース (2011-09-02 03:09) 

shoe height insoles

Thank you for the sensible critique. Me & my neighbor were just preparing to do a little research on this. We grabbed a book from our area library but I think I learned more from this post. I’m very glad to see such magnificent info being shared freely out there.
by shoe height insoles (2013-08-19 11:58) 

Elizabeth

I think other website owners should take this site as an model - very clean and fantastic style and design, in addition to the content. You’re an expert in this area!
Elizabeth http://ariadne975.typepad.com/blog/2011/09/are-shoe-lifts-for-you.html
by Elizabeth (2013-08-31 17:21) 

heel lift inserts

I am not sure where you’re getting your info, but good topic. I needs to spend some time learning more or understanding more. Thanks for great information I was looking for this information for my mission.
heel lift inserts http://eliwatson.blogsky.com/1391/08/13/
by heel lift inserts (2013-09-04 07:35) 

insoles to increase height

For a home wireless network, this is the most common way to expand the wireless range. It? doesn’t halve the signal. The signal strength will be more impacted by the type of router and wireless modem and network you have.
insoles to increase height http://ultimateheight.weebly.com/1/post/2013/08/make-more-money-being-taller.html
by insoles to increase height (2013-09-05 09:16) 

heel lift inserts

Normally I don’t learn post on blogs, but I wish to say that this write-up very pressured me to try and do so! Your writing style has been amazed me. Thank you, quite nice article.
heel lift inserts http://shoelifts.over-blog.com/down-side-of-leg-extending-treatment
by heel lift inserts (2013-09-06 14:30) 

height increasing shoe insoles

I just couldn’t leave your web site before suggesting that I really enjoyed the usual information an individual supply for your visitors? Is going to be again regularly in order to check out new posts.
height increasing shoe insoles http://16811542.blog.hexun.com/74759193_d.html
by height increasing shoe insoles (2013-09-08 13:23) 

heel lift inserts

“Appreciate you sharing, great blog.Really looking forward to read more. Really Great.”
heel lift inserts http://blog.udn.com/tracywest1987/7935369
by heel lift inserts (2013-09-08 13:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
トラックバックは一部のブログや時間帯、 記事によって弾かれてしまうことがあります。 頂いたトラックバックには返信するよう心掛けておりますが、 全てのトラックバックに返信する事が叶わない事を予めご了承下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。