So-net無料ブログ作成
検索選択

ノリラミが揃って途中交代するも、対広島戦の連敗ストップ! [横浜DeNAベイスターズ2012]

案の定と言うべきなのか、鬼畜ローテで勝ちを拾いに来た広島東洋カープ相手に敗戦を喫して
しまった横浜DeNAベイスターズだが、綺麗だの汚いだの言っていられない状況。
とにかく連敗を止める意味でも、最下位脱出を目指す意味でも、なんとか一矢報いたいところ。
さて本日の横浜DeNA先発は藤井、対する広島の先発はバリントン。
その結果は……

DeNA 6-2 広島 で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

広島東洋カープ第8回戦(マツダZOOM-ZOOMスタジアム広島)
TEAM123456789101112RHE
DeNA012002010---6111
広島100100000---251




勝利投手:藤井秀悟 3勝 2敗  セーブ:
敗戦投手:ブライアン・ポール・バリントン 3勝 9敗
本塁打:堂林翔太 第8号(4回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
梶谷(遊) 石川(二) 中村紀(三) ラミレス(左) 筒香(右) ルイーズ(一) 荒波(中) 鶴岡(捕)
藤井(投)
藤井(5回)→菊地→林(1回1/3)→加賀(2/3)→山口-鶴岡
広島東洋カープ
天谷(左) 安部(二) 梵(遊) 岩本(一) 堂林(三) 迎(右) 赤松(中) 倉(捕) バリントン(投)
バリントン(5回)→サファテ(2/3)→菊地原(1/3)→中田→中村-倉


ここまでノーヒットノーランを含む3完封負けと、とことん負けっぱなしの広島相手に昨日もマエ
ケンを打ち崩せず敗戦した横浜DeNA。
今日の試合は最近勝てていないバリントンが相手だが、今度こそ連敗を止められるのか?

試合内容は初回、横浜DeNAが1死から石川のセーフティバントとバリントンの暴投で2塁へ進
むも中村紀は見逃し三振に倒れて2死2塁。そこからラミレスが死球・筒香が四球で出塁して
満塁のチャンスを作り出すも、またしてもルイーズが三振に倒れて無得点。
すると直後の1回裏、先発の藤井が2死から梵にツーベースで出塁されると、岩本にタイムリー
を許して今日も先制されてしまう。
それでも横浜DeNAは2回表、不安定な立ち上がりを見せる広島先発のバリントンに対して荒
波がレフト前ヒットで出塁すると、鶴岡の進塁打と藤井のタイムリーですぐさま同点に追いつき、
3回表には1死から筒香・ルイーズの連打と荒波のセカンドゴロで2死1・3塁とすると、倉のパ
スボールで2・3塁となった後に鶴岡の2点タイムリーで一気に勝ち越すことに成功する。

初回に1点を失ったものの、2回・3回と広島打線を抑え込んでいた藤井だったが4回裏。1死か
ら広島期待のプリンス・堂林にソロホームランを浴びて1点差に迫られ迎にツーベース、赤松に四
球を与えて1・2塁のピンチを背負うも倉をショート併殺に仕留めて窮地を乗り切ると、5回裏にも1
死から天谷に四球・安部に送りバントを許して2塁に走者を背負うが、梵を敬遠して岩本を空振り
三振に仕留める事で最小失点で切り抜ける。
すると6回裏、2番手のサファテから先頭の荒波がヒットで出塁すると鶴岡の送りバントで2塁まで
進み、代打吉村は敬遠で歩かされて1・2塁。
続く梶谷は三振に倒れるも石川のタイムリーで4点目、更に途中出場の金城は堂林の悪送球で
出塁すると、同じく途中出場の森本が押し出しの四球を選んでリードを3点に広げる。
横浜DeNAは8回にも5番手の中村から途中出場の小池が四球を選んで出塁すると、送りバント
と暴投で3塁まで進み、金城のタイムリー内野安打で6点目を加えて勝負あり。
6回以降は菊地・林・加賀のリレーで繋ぐと、最後は山口が締めて試合終了。
8試合目にしてようやく広島戦の連敗を止めた。


ようやく今シーズン広島戦に勝利を収めたわけですが、勝ったというか譲り合いを征したというか、
そんな感じの試合内容に近いかな?って気がします。
まあなんだかんだで2失点で試合を纏めてくれるだけでも、ありがたいんですけどね……
しかも昨日は高崎が頑張ったから、中継ぎはちょっとした休みがありましたし。
とりあえず連敗が止まって一安心しています。

続きを読む


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2桁安打1得点で高崎を見殺し、広島と6ゲーム差に [横浜DeNAベイスターズ2012]

2週間に及ぶ長期遠征「死のロード」も終盤に突入したが、仙台の1試合と甲子園の初戦以外は
先発投手が尽く序盤炎上で敗戦を喫した横浜DeNAベイスターズ。
そしてこのボロボロな横浜DeNAを待ち受けるのは、今シーズン未勝利の相手・広島東洋カープ
さて本日の横浜DeNA先発は高崎、対する広島の先発は前田健太。
その結果は……

DeNA 1-2 広島 で、カープの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

広島東洋カープ第7回戦(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)
TEAM123456789101112RHE
DeNA100000000---1101
広島20000000×---290




勝利投手:前田健太 8勝 3敗  セーブ:キャメロン・クレイグ・ミコライオ 1勝 3敗 14H 6S
敗戦投手:高崎健太郎 3勝 6敗
本塁打:
横浜DeNAベイスターズ
梶谷(遊) 石川(二) 中村紀(三) ラミレス(左) 筒香(右) ルイーズ(一) 荒波(中) 鶴岡(捕)
高崎(投)
高崎-鶴岡
広島東洋カープ
天谷(左) 阿部(二) 梵(遊) 岩本(一) 堂林(三) 丸(右) 赤松(中) 石原(捕) 前田健(投)
前田健(7回)→今村→ミコライオ-石原


仙台・兵庫・沖縄・広島と2週間で移動する長期遠征、先発陣の早期大量失点、ただでさえ足
りない戦力という三重苦に加えて、広島戦はマエケン・バリントン・野村の鬼畜ローテという最
悪な試合をこなさなければならない横浜DeNA。
まさに一つでも勝てれば儲けものな状態でルイーズが昇格し、筒香がライトに回るという攻撃
的な陣容。

試合内容は初回、広島先発の前田健太から1死から石川・中村紀の連打で1・3塁としてラミ
レスの犠牲フライで先制点を奪う事に成功はしたものの、筒香が四球を選んで1・2塁としなが
らルイーズは三振に倒れて追加点を奪えず1点止まり。
対する横浜DeNA先発の高崎は先頭の天谷に四球を与えると、阿部にヒットで繋がれて1・3
塁とされると、こちらも犠牲フライで1点を失いあっさりと同点に追いつかれる。
加えて岩本の打球処理を慣れないライトの守備に就いた筒香がファンブルし、阿部に3塁まで
進まれると2死から筒香を狙い打つかのように丸がライトへのタイムリーツーベース。
拙い守備からあっさりと逆転を許してしまう。

攻撃的な布陣を敷いた横浜DeNAは2回以降も前田健太を攻め立てるが、走者を出しながらも
打つ崩すまでには至らず。
5回表に2死から中村紀のヒット、ラミレスの振り逃げで1・2塁とし、筒香もセンターへヒットを放
つが広島の守備に阻まれて中村紀は本塁走塁死となり、同点に追いつくことが出来ない。
高崎が2回以降、走者を出しながらも要所を抑えて最小失点で踏み止まっていたが、打線は7
回以外走者を出しながらも牽制死などのミスでチャンスを潰してしまう嫌な流れ。
結局横浜DeNAはその嫌な流れを最後まで引き摺り、ラミレスのヒットと筒香の四球で広げた無
死1・2塁のチャンスを活かせず得点機を逃すと、9回には1死から梶谷が出塁するも盗塁失敗
で勝負あり。
最後は石川がミコライオの前に三振を喫し、10安打を放ちながら奪った得点は犠牲フライの1点
だけという結果で好投した高崎を見殺しにして5連敗となった。


まずは高崎くん、ご苦労様でした。そしてきみは悪くない!
確かに2点取られたが、今まで他の先発が3点4点吐き出してたのに比べれば、2失点で済んで
いるんですから合格でしょう。しかも2回以降は失点を許さず、終わってみれば8回2失点完投で
すから十分役割を果たしてくれました。
あとは今日の働きを年間通して維持出来れば良いんですけどね……

続きを読む


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジオ自滅、牛田炎上、でも打線は二桁安打 [横浜DeNAベイスターズ2012]

昨日の敗戦で借金は今シーズン最多となる17まで膨らみ、5位広島とのゲーム差も5に開き
単独最下位独走状態に陥りつつある横浜DeNAベイスターズ。ペナント終戦となる前になんと
かしてチームを立て直したいところ。
さて本日の横浜DeNA先発はジオ、対する東京ヤクルトの先発は館山
その結果は……

東京ヤクルト 9-4 DeNA で、スワローズの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

東京ヤクルトスワローズ第7回戦(沖縄セルラースタジアム那覇)
TEAM123456789101112RHE
ヤクルト000400410---9150
DeNA000100300---4131




勝利投手:館山昌平 5勝 5敗  セーブ:
敗戦投手:ジャンカルロ・カルロス・アルバラード 1勝 6敗
本塁打:アレキサンダー・ラモン・ラミレス 第8号(4回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
梶谷(遊) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 金城(右) 荒波(中) 鶴岡(捕) ジオ(投)
ジオ(3回1/3)→菊地(2/3)→林→牛田(2回)→小杉→山口-鶴岡
東京ヤクルトスワローズ
ミレッジ(左) 田中(二) 川端(遊) 畠山(一) バレンティン(右) 宮本(三) 松井(中) 相川(捕)
館山(投)
館山(6回2/3)→山本(1/3)→日高→押本-相川


昨日の試合で3連敗を喫し、広島との差がジリジリと開いていく横浜DeNAベイスターズとし
ては、広島との直接対決の前にこれ以上は離されたくない所。

試合内容は約1ヶ月ぶりの登板となった横浜DeNA先発のジオが先頭のミレッジにヒットで出
塁されると、2死から畠山にツーベースを打たれて2・3塁のピンチを背負うも無失点で切り抜
けると2回は三者凡退。3回は2死から田中浩康にヒットで出塁を許すも、川端をショートライナ
ーに仕留めて球数は多いものの無難に序盤を乗り切る。
打線は初回に石川がヒットで出塁しながら盗塁死に終われば、2回はラミレスのツーベースで
チャンスを作りながらも後続が凡退、3回は1死からジオのヒットと2死から石川のツーベースで
2・3塁としながら中村紀はセカンドフライに打ち取られて得点を奪えない。

試合が動いたのは4回表、制球を大きく乱したジオは先頭の畠山に四球を与えて出塁を許すと
バレンティン・宮本の連打で無死満塁のピンチを背負い、1死から相川に押し出しの四球で1点
を献上すると館山にストレートの四球を与えて2失点目。自滅する形で先制点を与えたジオが
4回途中で降板すると、2番手の菊地がミレッジにレフト前2点タイムリーを浴びて今日も4点を
追いかける展開になってしまう。
反撃に出たい横浜DeNAは直後の4回裏、ラミレスのソロホームランで1点を返し3点差とする
ものの、後続は凡退して追い上げの流れを作り出せない。
5回表、3番手の林が先頭の畠山に三塁線を破られるツーベースで出塁を許すとバッテリーエ
ラーの間に3塁に進まれてしまうが、バレンティンを浅いセンターフライ・宮本をサードゴロに仕留
めて2死2塁とすると、代打宮出をライトライナーに仕留めて追加点を阻むが横浜もまた1死から
代打吉村がレフト前ツーベースで出塁するも、後続が凡退して得点に繋げられない。

終盤の7回表、4番手の牛田は1死から川端にライトオーバーのツーベースを打たれると、途中
出場の内村の悪送球で3塁に進まれ畠山に左中間ツーベースで1点を失い、またしても4点差
に広げられてしまうと、バレンティンに詰まった当たりをライト前に運ばれるヒットで畠山の生還を
許して5点差。更に途中出場の福地、相川にも連打を浴びて8失点目を喫して絶望的なまでに
点差が開いてしまう。
追いかける横浜DeNAは7回裏、先頭の金城がライト線のツーベースと2死から代打森本のタイ
ムリーで1点を返すと、続く梶谷のツーベースで2死2・3塁とし、石川がセンター前2点タイムリ
ーを放って4点差。しかし8回表に5番手の小杉がミレッジに内野安打で出塁を許すと、田中の
送りバントと川端のライト前ヒットで1死1・3塁とピンチを招き、またしても畠山にタイムリーを許
して再び5点差に広げられ勝負あり。
両チームとも二桁安打を放ちながら、結局四球絡みの失点が最後まで響いて敗戦。
横浜DeNAはこれで4連敗となり、今シーズン未だ未勝利の広島戦へ向けて嫌な流れのまま突
入することとなった。


続きを読む


nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日も先発が大量失点、そして1点差で9回謎の山口温存 [横浜DeNAベイスターズ2012]

レギュラーシーズン再開後の初戦に勝利したものの、その後は2試合連続で先発が大量失点
を喫して連敗。結局借金は今シーズン最多タイとなる16まで膨らんでしまった横浜DeNAベイ
スターズとしては、せめて5月終了時と同じラインまでは戻しておきたいところ。
さて本日の横浜DeNA先発は須田、対する東京ヤクルトの先発は増渕。
その結果は……

東京ヤクルト 8-6 DeNA で、スワローズの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

東京ヤクルトスワローズ第6回戦(沖縄セルラースタジアム那覇)
TEAM123456789101112RHE
ヤクルト001042001---8121
DeNA000100500---670




勝利投手:増渕竜義 2勝 2敗 8H  セーブ:アンソニー・リー・バーネット 1勝 1敗 2H 18S
敗戦投手:須田幸太 2敗
本塁打:
横浜DeNAベイスターズ
梶谷(遊) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 金城(右) 鶴岡(捕) 須田(投) 荒波(中)
須田(4回1/3)→菊地(2/3)→小杉→ブランドン→林→篠原(1/3)→加賀-鶴岡(8回1/3)→黒羽根
東京ヤクルトスワローズ
ミレッジ(左) 田中(二) 川端(遊) 畠山(一) バレンティン(右) 松井(中) 森岡(三) 相川(捕)
増渕(投)
増渕(6回2/3)→正田(0/3)→平井→日高→バーネット-相川(8回)→中村悠


一昨日の試合は頼みの三浦までもが崩れて連敗を喫してしまった横浜DeNAだが、ローテー
ションを回せるだけの駒が無いため連敗ストッパーを託せる先発投手はおらず、当分は苦しい
試合が続くのを我慢する以外に方法がない。

試合内容は横浜DeNA先発の須田が1死から田中浩康にレフト前ヒットで出塁を許すと、2死
から畠山・バレンティンに連続四球を与えて満塁のピンチを背負うが、松井をセカンドゴロに仕
留めて辛うじて無失点。一方で打線は東京ヤクルト先発の増渕に対し1死から石川が四球を
選んで出塁するも、中村紀がショートゴロ併殺に倒れてあっさりと攻撃を終了させてしまう。

試合が動いたのは3回表、初回・2回と四球でピンチを招きながら辛うじて無失点で踏み止まっ
ていた須田だったが、田中浩康にライト前ヒット・川端にレフト前ヒットで無死1・3塁とピンチを
背負うと、畠山にレフト前タイムリーを打たれて先制点を与えてしまう。
須田が最小失点でピンチを凌いだ4回裏、横浜DeNAは石川が粘りに粘って内野安打で出塁
すると中村紀のエンドランで1・3塁とし、1死から筒香がレフトへの犠牲フライを放って同点に追
いつき試合を振り出しへと戻す事に成功する。
ところがせっかく同点に追いついてもらったのに、先発の須田が応えられない。
直後の5回表先頭のミレッジにストレートの四球を与え、田中に送りバントを決められると川端
のライト前ヒットで1・3塁とされ、畠山に2打席連続タイムリーを許して勝ち越しを許すとバレン
ティンにまたしても四球を与えて1死満塁。
続く松井のレフトへの打球をラミレスが捕球し切れず2点タイムリーツーベースとなり、3点のリ
ードを許して須田はまたしても5回を投げきることなく降板。2番手の菊地は森岡にセンターへ
の犠牲フライを許し、4点差が重く圧し掛かる事になる。

これ以上の失点は絶対にしたくない横浜DeNAだったが6回表、3番手の小杉はミレッジにライ
ト前ヒットで出塁を許すと送りバント、更に川端に四球を与えてまたしても1・2塁のピンチを招き
2死からバレンティンにレフトへ走者一掃のタイムリーツーベースを許して致命的な7失点目。
リードを6点差に広げられて試合は一方的な展開になるかと思われた。
しかし7回裏、横浜DeNAは2死から鶴岡が四球・代打下園がレフト前ヒットで出塁してチャンス
を広げると投球数が100球を超えた増渕から荒波・梶谷が粘りに粘って連続四球を選び、押し
出しで1点を返し、続く石川が2番手正田からレフト線を破る走者一掃のツーベースで6点差が
一気に2点差。更に3番手平井から中村紀の右中間へのヒットで石川が生還し、1点差まで迫
り一気に試合が判らなくなったが9回表、1死から7番手の加賀が相川に四球で出塁を許すと
代走の比屋根に盗塁で2塁に進まれ、福地にレフト前タイムリーを打たれて土壇場でリードを2
点に広げられて勝負あり。2死から梶谷がレフト前ヒットで出塁するも、最後は石川が三振に倒
れて試合終了。これでチームは3連敗を喫する事となった。


続きを読む


nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ホークス小久保選手が2000本安打達成!三浦はまたしても150勝お預け [横浜DeNAベイスターズ2012]

一昨日は勝利を収めて良い形でペナントを再開させたはずが、昨日は先発が2イニングで5失
点する炎上を見せて敗戦を喫してしまった横浜DeNAベイスターズ。
今日の試合では三浦に150勝目を挙げてもらい、ついでに阪神戦の勝ち越しもしたいところ。
さて本日の横浜DeNA先発は三浦、対する阪神の先発は安藤。
その結果は……

DeNA 2-5 阪神 で、タイガースの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

阪神タイガース第12回戦(阪神甲子園球場)
TEAM123456789101112RHE
DeNA000000002---280
阪神32000000×---590




勝利投手:安藤優也 3勝 4敗  セーブ:榎田大樹 2勝 17H 1S
敗戦投手:三浦大輔 6勝 4敗
本塁打:マシュー・ヘンリー・マートン 第2号(1回ソロ) 平野恵一 第1号(2回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 森本(右) 梶谷(遊) 鶴岡(捕) 三浦(投)
三浦(6回)→林→牛田-鶴岡
阪神タイガース
マートン(右) 平野(二) 鳥谷(遊) 新井(三) 金本(左) ブラゼル(一) 柴田(中) 藤井(捕) 安藤(投)
安藤(8回1/3)→榎田-藤井


昨日はブランドンが悪い癖を出し、四球絡みで大量失点を喫して敗戦した横浜DeNAだが、今
日はここまで6勝を挙げながらも通算150勝目前で足踏み状態の三浦が登板。
阪神戦の勝ち越しと通算150勝を掛けての試合だったのだが……

試合内容は初回1死から石川、2死からラミレスがそれぞれヒットで出塁して1・3塁と先制の
チャンスを作り出すも筒香が凡退して先制機を逸してしまった直後、三浦がマートンに先頭打
者本塁打を許して失点すると平野・新井の連打で1死1・2塁のピンチを招き、金本・ブラゼル
の連続タイムリーで昨日のブランドン同様に3失点。
2回裏には平野にソロホームランを被弾して4点目を失うと、鳥谷には四球と暴投で2塁まで
進まれた後に新井にタイムリーを浴び、先発が2試合続けて2イニング5失点と崩れる苦しい
戦いを強いられてしまう。

立ち上がりに5失点を喫したものの3回以降立ち直った三浦は、阪神にこれ以上の追加点を許
さず味方の反撃を待つものの肝心の打線は安藤の前に出塁すら出来ず、唯一出塁した7回表
も2死からの出塁でチャンスを作り出せない。
それでも9回表、1死から中村紀・ラミレスの連打で1・3塁のチャンスを作り出し、筒香のタイム
リー内野安打と2死から代打小池のタイムリーヒットで2点を返すが時既に遅し。
昨日の試合同様序盤の大量失点が響いて連敗を喫し、三浦の通算150勝目はまたしてもお
預けとなった。


まずは福岡ソフトバンクホークスの小久保裕紀選手、2000本安打達成おめでとうございます!
北海道日本ハムファイターズの稲葉選手、東京ヤクルトスワローズの宮本選手に続いて、今シ
ーズン3人目の2000本安打到達者の誕生ですね。
2000本まで残り1本となったところで腰痛が悪化して無念の登録抹消もあり、年齢的な面から
ひょっとしたらこのまま達成出来ずに引退してしまうのでは?と危惧されましたが、復帰戦での
達成に一安心といったところでしょうか。
まあ小久保選手離脱中にアメリカではイチロー選手が、歴代4位の速さでメジャー通算2500安
打記録達成とかしてましたけど……
それにしても、小久保選手に2000本安打という記録をアシストしながら、ちゃっかり勝ちは譲ら
ずに完封する日ハムは接待上手なチームですねえ、とw
順調に行けば次の2000本安打達成者は中日の谷繁選手が最有力で、その次が横浜DeNAの
中村選手かラミレス選手のどちらかになるでしょう。ただ、この3人は今シーズン中の達成はかな
り難しそうですねえ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

試合は先発炎上負け。球団は解雇された福留獲得に動くのか? [横浜DeNAベイスターズ2012]

レギュラーシーズン再開初戦に逆転勝利を収めた横浜DeNAベイスターズだが、借金は未だ2桁
もあるため、まずは交流戦前の状態に戻すために一つづつでも借金を減らしたいところ。
さて本日の横浜DeNA先発はブランドン、対する阪神の先発は能見。
その結果は……

DeNA 3-7 阪神 で、タイガースの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

阪神タイガース第11回戦(阪神甲子園球場)
TEAM123456789101112RHE
DeNA100002000---370
阪神32200000×---7100




勝利投手:能見篤史 5勝 5敗  セーブ:
敗戦投手:ブランドン・マイケル・マン 1勝 5敗
本塁打:中村紀洋 第6号(1回ソロ) 金本知憲 第4号(1回スリーラン)
     クレイグ・ウォルター・ブラゼル 第7号(3回ツーラン)
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 森本(右) 梶谷(遊) 黒羽根(捕)
ブランドン(投)
ブランドン(2回)→小杉(2回)→牛田(2回)→林-黒羽根
阪神タイガース
マートン(右) 平野(二) 鳥谷(遊) 新井(三) 金本(左) ブラゼル(一) 大和(中) 藤井(捕) 能見(投)
能見(7回)→福原→榎田-藤井


リーグ戦再開を良い形で向かえた横浜DeNAだが、最下位脱出のためには現在二桁抱える借金
を一桁台まで戻したいところ。
加えて今日の相手は比較的相性の良い能見だけに、阪神さんには悪いと思いながらも連勝を期
待したい試合だったのだが……

試合内容は初回、横浜DeNAが2死から中村紀のソロホームランで幸先良く先制したことで優位
に立ったと思われたのも束の間、交流戦では安定した投球を見せていたブランドンが直後の1回
裏にマートンにヒットで出塁されると平野に四球を与えて無死1・2塁。
鳥谷・新井は凡退に抑え、なんとか無失点で切り抜けられるかと思われた矢先に金本にスリーラ
ンを浴びて逆転されれば2回には1死から8番藤井に四球を与えると、マートンのツーベースと平
野の2点タイムリーで5失点の大炎上。
ブランドンが今シーズン最短となる2イニングでの降板を余儀なくされると、3回から登板した2番
手小杉も先頭の金本にヒットを許すと、ブラゼルにツーランホームランを被弾して序盤だけで7失
点を喫し、6点を追いかける辛い展開へと追いやられてしまう。

2回以降は能見に抑えられてきた打線は中盤の6回表、石川の内野安打でこの試合初めて先頭
打者が出塁をすると、続く中村紀のタイムリーツーベース、更にラミレスの進塁打の後筒香が犠牲
フライを放って4点差とするが反撃はこれだけ。
横浜DeNAは2イニングづつ4人の投手リレーでこれ以上の失点を阻んだものの、序盤で失った7
点が重く圧し掛かり敗戦を喫してしまった。


今日のブランドンは所謂悪いブランドンでしたね。
如何に相手が横浜にとって相性の良い能見でも、大量得点は最初から期待出来ない訳ですから、
流石に序盤で7失点してしまっては勝てそうな試合も勝てません。
というわけで、今日の試合はブランドンの5失点炎上と小杉の余計な2失点が敗因ですね。
それにしても田中といい、王といい、今回のブランドンといい、横浜DeNAは4~5試合に1回は先
発が試合をぶち壊しますね……
まあ、所謂1.5軍レベルの投手(そこまで達しているか不明な投手も中には居ますが)に過度な
期待を掛けてはいかんよ!という事でしょうね。
個人的な先発投手の信頼度は
三浦>>>藤井>>ジオ>>>>高崎>>ブランドン>>>>その他
といったところでしょうかね。
まさに、うーん、この先発陣……地味様、早く帰って来てくれー!

続きを読む


nice!(3)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

逆転勝利でシーズン20勝目到達 [横浜DeNAベイスターズ2012]

交流戦は2桁勝利に届かなかったものの昨年よりも2勝を上積みし、9勝で最下位を2年連続で
回避した横浜DeNAベイスターズは、今日から再びレギュラーシーズンに戻って阪神タイガース
との試合。
さて本日の横浜DeNA先発は高崎、対する阪神の先発はメッセンジャー
その結果は……

DeNA 2-1 阪神 で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

阪神タイガース第10回戦(阪神甲子園球場)
TEAM123456789101112RHE
DeNA000002000---260
阪神010000000---130




勝利投手:高崎健太郎 3勝 5敗  セーブ:山口俊 1敗 1H 10S
敗戦投手:ランドール・ジェローム・メッセンジャー 4勝 6敗
本塁打:
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 金城(右) 梶谷(遊) 鶴岡(捕) 高崎(投)
高崎(6回)→篠原(1/3)→加賀(2/3)→藤江→山口-鶴岡
阪神タイガース
マートン(右) 平野(二) 鳥谷(遊) 新井(三) 金本(左) ブラゼル(一) 浅井(中) 藤井(捕)
メッセンジャー(投)
メッセンジャー(7回)→筒井→福原-藤井


例年なら間違いなく2桁借金を作り出し、シーズン終戦という状況まで追い込まれる鬼門の交流
戦を半分の借金で乗り切れた横浜DeNAとしては、当面の目標は借金1桁と5位浮上。
あわよくばCS争いに加われるかも、という夢を見るよりもまず、現実的な目標を一つづつクリアし
て貰いたいところ。

試合内容は横浜DeNAが阪神先発のメッセンジャー相手に初回・2回とヒットで走者を出しながら
も、初回は併殺打・2回は後続が凡退に倒れて点が奪えず。
逆に先発の高崎は初回に阪神打線を三者凡退に仕留めるも、2回に新井・金本のクリーンナップ
に連打を浴びて1・3塁のピンチを背負い、1死から浅井のセカンドゴロの間に1点を先制されてし
まった。

高崎はその後も連続四球でピンチを背負ったりとやや苦しい投球ながらも要所を抑え、最小失点
のまま踏み止まるが打線はメッセンジャーの前にヒットを繋げる事が出来ず、中盤まで一度も走
者を得点圏に進めることが出来ない。
それでも6回表、荒波のヒットによる出塁と石川の送りバントでこの試合初めて得点圏に走者を送
り一打同点のチャンスを迎えるが、中村紀が三振に倒れるとラミレスを敬遠気味に歩かされるとい
う嫌な予感がする展開。
しかしその嫌な予感を筒香が振り払った。
フルカウントに追い込まれた7球目低めの変化球をライト方向へと弾き返し、ライトのマートンの守
備がもたつく間に三塁へと到達。走者一掃のタイムリースリーベースで試合を引っくり返す。

終盤に突入した7回裏、横浜DeNA故障明けの高崎に無理をさせず継投策に移行し2番手の篠原
はワンポイントとしてブラゼルを抑え込むも、3番手の加賀が代打今成に四球を与えると藤井に送
りバントを決められて1死2塁。一打同点のピンチを背負い代打桧山と相対する事となったが、ここ
でベンチは左の桧山を敬遠して右のマートンとの勝負を選択。
加賀がその期待に応えてマートンを三振に仕留めて無失点で切り抜けると直後の8回表1死、阪
神2番手の筒井から石川が内野安打で出塁も盗塁に失敗し無得点。
9回も平野の好守備に阻まれたりで3番手福原の前に三者凡退に倒れて追加点を奪う事が出来
なかったが、藤江・山口のリレーで1点差を守りきって逆転勝利。
12球団で最も遅くはあるがようやく今シーズン20勝目に到達し、レギュラーシーズン再開初戦を
最高の形でスタートした。


久しぶりの連勝で、ようやく20勝到達しましたね。
適度に勝ちはするものの、シーズンの中断や再開といった区切りの試合ではほぼ確実に敗戦す
るのが昨年までの……いや、交流戦直前までのベイスターズクオリティと呼ぶべきでしょうか?

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

交流戦最下位は回避するも、今年もセ・リーグは負け越し [横浜DeNAベイスターズ2012]

一昨日の試合に敗れ、交流戦最下位が現実味を帯びてきた横浜DeNAベイスターズの交流戦も
いよいよ本日の試合が最終戦。
その大事な最終戦の相手は、開幕前から少々因縁のある東北楽天ゴールデンイーグルス。
さて本日の横浜DeNA先発は藤井、対する東北楽天の先発は美馬。
その結果は……

DeNA 6-2 東北楽天 で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

東北楽天ゴールデンイーグルス第4回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)
TEAM123456789101112RHE
DeNA000411000---6140
東北楽天000001001---250




勝利投手:藤井秀悟 2勝 2敗  セーブ:
敗戦投手:美馬学 4勝 2敗
本塁打:
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(DH) 筒香(三) 金城(右) 小池(左) 鶴岡(捕) 梶谷(遊)
藤井(5回1/3)→菊地(2/3)→牛田→林→篠原(0/3)→山口-鶴岡
東北楽天ゴールデンイーグルス
聖沢(中) 銀次(二) フェルナンデス(DH) ガルシア(一) 中島(左) 松井(遊) 高須(三) 定岡(右)
小山(捕)
美馬(5回)→片山(2回)→ハウザー→青山-小山(5回)→岡島


案の定、台風の影響で流れてしまった昨日の試合は両先発がスライド登板で今日開催。
交流戦最後の試合となるこの試合の結果次第では、交流戦最下位が変わってくるのみならず、
ペナント再開後にも影響を与えかねないところ。

試合内容は東北楽天先発の美馬に対し荒波がレフト前ヒット、石川が送りバントを決めて中村紀
が四球を選び1死1・2塁のチャンスを作り出すが、ラミレス・筒香が連続三振に倒れて無得点。
3回にも先頭の梶谷が出塁するが、無死1塁から荒波・石川と駿足打者が続く機動力を活かせる
打順にも拘らず併殺打を含めて三人で攻撃終了と、前回も苦戦した美馬相手になかなか点を奪
えない。
対する横浜DeNA先発の藤井は、鬼門とも云える立ち上がりの初回を東北楽天の早打ちにも助
けられて無失点で凌ぐと、3回まで四死球0ヒット1本と上々の立ち上がりを見せる。

試合が動いたのは4回表、先頭の中村紀とラミレスの連続ツーベースで横浜DeNAが先制すると
筒香も続いて無死1・3塁とチャンスを広げるが、金城は浅いレフトフライ・小池はエンドラン失敗で
筒香が走塁死と追い込まれてしまう。
しかしカウント的にも追い込まれていた小池が死球を受けて出塁したことから、試合の流れが変わ
っていく。鶴岡のセンター前ヒットで2点目を追加すると梶谷はどん詰まりのショート内野安打、荒
波はどん詰まりのセカンドタイムリー内野安打、石川はショートタイムリー内野安打で打者一巡の
猛攻を浴びせ、美馬からすればいずれも打ち取った当たりで4点のリードを奪うと5回表にはラミレ
スがストレートの四球で出塁。筒香の打球は松井の好守備の前に阻まれるも金城の進塁打と、
小池のレフト前タイムリーで5点目。6回表には1死から梶谷がセンターオーバーのスリーベース
で出塁すると、荒波のボテボテのショート内野ゴロの間に生還して6点目を奪い、横浜DeNAが中
盤の集中得点で東北楽天を引き離していく。

大量リードを貰い、今シーズン一番の出来で5回まで僅か1安打に抑えてきた横浜DeNA先発の
藤井だが6回裏、先頭の定岡にプロ初ヒットとなるツーベースで出塁を許すと1死から聖沢に左中
間を破るタイムリーツーベースを打たれ、1点を返されてしまう。
藤井は銀次に四球を与えたところで降板し、2番手の菊地が登板するがダブルスチールを決めら
れて1ヒットで2点を失う状況。しかもフェルナンデスに四球を与え、1死満塁と一発出れば1点差
になる状況で4番のガルシアを打席に迎えるも、ショート併殺打に打ち取り最小失点で切り抜ける。

7回以降チャンスを作りながらも追加点を奪えなかった横浜DeNAだったが、投手陣は継投で8回
まで僅か3安打に抑え込み5点のリードを保ったまま最終回へ。

続きを読む


nice!(2)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

交流戦2桁勝利の夢も潰え、交流戦最下位が現実味を帯びる [横浜DeNAベイスターズ2012]

昨日の試合で交流戦は終了し、今日・明日と未消化分の交流戦を行う予備日。
昨日までセ・リーグ65勝、パ・リーグ65勝、引き分け11試合と、今年の通算勝利数は全くの五
分であり、2試合を残している横浜DeNAベイスターズの試合結果がそのまま影響を与えるとい
う状況に……
さて本日の横浜DeNA先発は須田、対する北海道日本ハムの先発は多田野。
その結果は……

日ハム 7-3 DeNA で、ファイターズの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

北海道日本ハムファイターズ第4回戦(横浜スタジアム)
TEAM123456789101112RHE
日ハム004001002---7110
DeNA000102000---370




勝利投手:多田野数人 4勝  セーブ:
敗戦投手:須田幸太 1敗
本塁打:中田翔 第7号(3回スリーラン) 第8号(6回ソロ)
     アレキサンダー・ラモン・ラミレス 第6号(4回ソロ) 第7号(6回ツーラン)
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 金城(右) 梶谷(遊) 鶴岡(捕) 須田(投)
須田(5回)→牛田→田中(1/3)→菊地(2/3)→小杉(1回2/3)→加賀-鶴岡
北海道日本ハムファイターズ
糸井(右) 金子(遊) 田中(二) 中田(左) 稲葉(一) 陽(中) 加藤(三) 鶴岡(捕) 多田野(投)
多田野(6回)→宮西→増井→森内-鶴岡


昨日の敗戦で2年連続最下位回避に向けて暗雲が立ち込めた横浜DeNAベイスターズは、今日
から雨天中止で流れた試合の消化に入ります。
あと1勝しないと最下位になってしまうので、それだけは回避したいところ。

試合内容は横浜DeNA先発の須田が先頭の糸井にツーベースを許していきなり得点圏に走者を
背負ってしまったが、金子の送りバントで3塁に進まれるも田中・中田を守備にも助けられて凡退
に仕留めてまずは無失点で立ち上がるが、打線のほうは日ハム先発の多田野の前に三者凡退
に倒れて、ある意味いつも通りの出だし。
2回は須田が陽に四球を与えるも盗塁を阻止し、結果として3人で終わらせた直後の2回裏、2死
から金城・梶谷の連打で1・2塁とチャンスを作り出すも、鶴岡はフルカウントからサードゴロに倒れ
て試合は投手戦の様相を呈していく。

試合が動いたのは3回表、須田は先頭の鶴岡にセンター前ヒットで出塁を許すと続く多田野のバ
ント打球処理で連携ミスにより内野安打とし、糸井にはライト前に運ばれて無死満塁のピンチ。
続く金子誠にセンターへの犠牲フライで1点を先制されると、田中の進塁打から中田にレフトスタン
ドへのスリーランを許して4点のリードを与えてしまう。

4点を追いかける横浜DeNAは4回、1死からラミレスのソロホームランで1点を返すと、筒香も左
中間へのツーベースでチャンスを作り、金城のセカンドゴロ進塁打で2死3塁。しかし梶谷はセカ
ンドゴロに倒れ3点差のまま。
須田は4失点ながら5回までを投げきったものの、6回表に2番手の牛田が中田に2打席連続と
なるソロホームランを被弾して再び4点差に広げられてしまうが直後の6回裏、1死から中村紀が
センター前ヒットで出塁するとラミレスも2打席連発となるツーランホームランを放ち、2点差に追
い上げて試合の行方が判らなくなってくる。
横浜DeNAは3番手の田中が1死1・2塁とし、2打席連続の本塁打を放っている中田を迎えて降
板。後を受けた菊地が無失点で凌ぐも5番手の小杉は2イニング目となった9回表、先頭の代打
西川に内野安打でプロ初ヒットを許すと糸井に四球を与えて無死1・2塁。
金子を三振に仕留めるも田中賢介に併殺崩れで1・3塁とされると、6番手の加賀は中田にショー
ト内野安打・稲葉にレフト線を破るタイムリーで点差を再び4点に広げられて勝負あり。
最後はルーキー森内の前に三者凡退に倒れ、交流戦最下位が現実味を帯びてきた。


とまあ、セ・リーグ勝ち越しのためにも交流戦最下位回避のためにも勝ち続けるしかなかったはず
の横浜DeNAですが、日ハム相手にあっさりと敗戦を喫してしまって……

続きを読む


nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

8回1失点完投も、打線の援護無く番長150敗目 [横浜DeNAベイスターズ2012]

最下位で並んでいた球団同士の戦いは横浜DeNAベイスターズが先勝し、2年連続の最下位回
避へ向けて一歩前進。一方昨年は圧倒的強さで交流戦にも優勝した福岡ソフトバンクホークス
昨日の敗戦で交流戦最下位確定目前というところまで追い込まれた。
さて本日の横浜DeNA先発は三浦、対する福岡ソフトバンクの先発は大場。
その結果は……

DeNA 0-1 ソフトバンク で、ホークスの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

福岡ソフトバンクホークス第4回戦(福岡YAHOO!JAPANドーム)
TEAM123456789101112RHE
DeNA000000000---040
ソフトバンク001000000---170




勝利投手:大場翔太 2勝  セーブ:森福允彦 2敗 12H 6S
敗戦投手:三浦大輔 6勝 3敗
本塁打:
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 石川(二) 中村紀(一) ラミレス(DH) 筒香(三) 金城(右) 藤田(遊) 黒羽根(捕)
下園(左)
三浦-黒羽根(6回)→鶴岡
福岡ソフトバンクホークス
長谷川(中) 本多(二) 内川(左) カブレラ(一) 松田(三) 多村(DH) 江川(右) 今宮(遊) 細川(捕)
大場(6回)→柳瀬(1/3)→岡島→岩嵜(2/3)→森福-細川


昨日の試合は5年ぶりの交流戦8勝目、しかも1995年以来17年ぶりとなるスミ1勝利を収めた
横浜DeNAは、勝率5割達成の目標は潰えたものの二桁勝利の可能性を残すだけに、一つでも
負けられない試合。

試合内容は横浜DeNAが石川・ホークスは本多と、どちらも2番打者がヒットと盗塁で2塁へと進
むが横浜DeNAは中村紀・ラミレスが連続三振、ホークスは内川がファーストフライ・カブレラがセ
ンターフライに倒れて初回は互いに無得点。2回表に筒香の四球と金城のエンドランで無死1・3
塁とチャンスを作り出しながら藤田はセカンドフライ、黒羽根の揺さぶりで金城は2塁へ進むも三
振、下園はセンターフライに倒れて得点に結びつかない。
そんな中で試合が動いたのは3回裏、三浦は先頭の今宮にライト前ヒットで出塁されると細川の
送りバントで得点圏に走者を背負い、2死から本多にレフト前へのタイムリーヒットを許して1点を
先制されてしまう。

昨日とは逆に1点を追いかける展開となった横浜DeNAは、四球と盗塁で得点圏へ走者を置きな
がら点に結びつける事が出来ずにいた中で迎えた5回裏。
三浦は1死から今宮に2打席連続となるヒットと盗塁でまたしても得点圏に走者を背負い、長谷
川の打球が三浦のグラブに当たって方向が変わり1・3塁とピンチを広げるが、盗塁を許して2・3
塁から本多の抜ければ2点となる打球を石川が好捕して追加点を阻む。
しかし好投する三浦を打線が援護できず、走者を出しながらも得点に結び付けられない。
三浦は8回までを投げきるも、打線はホークスの継投の前に無得点に抑えられて試合終了。
三浦は通算150敗目を喫し、再び交流戦最下位転落の危機を迎える事となった。


番長がまた無援護病になってきたかな?と思えるような今日の打撃陣。
せっかくチャンスを作りながら簡単に打ち上げて得点に結び付けられなかったりと、攻撃が雑とい
うかなんというか……
ただでさえ先発投手陣に不安を抱えるチームだけに、チャンスを確実に点に結び付けられないと
かなり厳しいかな?と思いますけどね。

これで横浜DeNAの交流戦は残り2試合。
まずは横浜スタジアムで北海道日本ハムファイターズ戦です。
明日の先発は横浜DeNAが須田、ファイターズの先発は多田野です。

nice!(2)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
トラックバックは一部のブログや時間帯、 記事によって弾かれてしまうことがあります。 頂いたトラックバックには返信するよう心掛けておりますが、 全てのトラックバックに返信する事が叶わない事を予めご了承下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。