So-net無料ブログ作成
検索選択
狼と香辛料 ブログトップ
前の10件 | -

狼と香辛料Ⅱ 第12話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの最終話を見ました。勝負の時を間近に控え、
勃発した武装蜂起。ホロとロレンスの運命は?

第12幕-狼ととめどなき涙-
spice2_12_01.jpg

五十人会議の公示直前、
決定を不服とする地元の街商人たちが、
一斉に武装蜂起を行ったことで、
街は混乱の渦中に叩き込まれる。

決定が覆らない確証を持つエーブは、
少しでも早く毛皮の取引を行うために、
船の手配をするため港へ消える

ロレンスはエーブの目的と計画の危うさに気付いていながら、
約束通り金貨を携え、エーブと合流する。

自分どころか、ロレンスの命すら巻き込んで
大きな取引を行おうとするエーブに対し、
彼女の考えを肯定することが出来ないロレンスは、
エーブに金貨を奪われてしまう。

ロレンスは質草となったホロを、
無事に取り戻すことが出来るのか?

spice2_12_02.jpg

今回で第2期シリーズも終了です。

前回予想したとおり、エーブが取り扱っていたのは、
塩を石像として加工したものでした。
つまり密輸という、法を犯して手に入れたお金の処分に、
ロレンスを巻き込んだわけですね。
手際が良すぎる、とロレンスが指摘していた通り、
船についてもロレンスと交渉する前に話をつけていたんでしょうね。
ロレンスの存在は、街を出るまでの保険であり、
教会に対する牽制でもあったんでしょう。
ホロを質草に入れておけば、
ロレンスも迂闊に街を離れようとは考えないでしょうし……
そこまで行くと勘繰り過ぎですかね?

spice2_12_03.jpg

続きを読む


狼と香辛料Ⅱ 第11話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第11話を見ました。毛皮取引の資金を得るため、
貴族の娘としてホロを身売りすることになったのだが……

第11幕-狼と別れの決意-
spice2_11_01.jpg

エーブの伝手で資金を得るために訪れたのは、
街有数の商会でもあるエリンク商会だった。
商会の代表であるルーツ・エリンギンとの交渉の結果、
ホロの身売り代金として、トレニー銀貨2000枚に相当する、
リュミオーネ金貨60枚を支払うこと。
そして、受け渡しは毛皮の買い付け直前に行うことで、
商談が成立する。

エーブからホロとの馴れ初めを尋ねられたロレンスは、
ホロとの出会いを掻い摘んで説明すると、
「その出会いを大事にしろ」と忠告を受け、
エーブが身売りした時の話と野望を聞かされることとなる。

そして宿に戻ったホロは、ロレンスに自らの心情を吐露し、
この二人旅を終わらせるよう申し出るのだった。

spice2_11_02.jpg

相変わらずというべきか、商人は一癖も二癖もありそうです。
お互いの腹の探り合い、といった感じの
エリンギンとの交渉は、一応ロレンスの勝ちなのかな?
とは言っても、実際ホロは質草になっているわけで、
毛皮で儲けてホロを買い戻し、
尚且つ利益が出ていて初めてロレンスの勝ち、でしょうね。

エーブは男言葉を使っていますが、
女性らしい格好をすれば美人だと思います。
しかし、事業を起こすための資金は、
何処に保管していたんでしょうね?

変わっていく時間と、それを加速させるロレンスの優しさ。
それに不安を覚えてしまったホロは、
旅を終わらせようと考えていますね。
長い時間を生きてきたことで、
世の中の喜怒哀楽を何度も目の当たりにしてきたことからか、
ホロの思考はかなり悲観的にも捉えられますね。

spice2_11_03.jpg

続きを読む


狼と香辛料Ⅱ 第10話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第10話を見ました。
エーブの提案。その真意とは?

第10幕-狼と孤独な微笑み-
spice2_10_01.jpg

五十人会議は外地商人に毛皮を売ることで結論が出た。
だがその取引はツケを認めず、
現金による取引しか出来ないことが判明する。
しかし現金の持ち合わせが無いエーブたちは、
ホロを貴族の娘として担保代わりに現金を調達する方法を思いつく。

ホロを売って資金を得る。
その方法に抵抗を覚えたロレンスだったが、
当事者であるホロに諭され、
情報を集めるために街に繰り出すことに。

その中でロレンスは今回の騒動に教会が絡んでいること、
エーブが石像だけでなく、塩も扱っていたことを知る。

spice2_10_02.jpg

話がだんだんときな臭さを増して来ましたね。
ロレンスの説明によると、海から離れれば離れるほど、
塩の価値は宝石のように高くなるらしいですが、
それならばエーブはわざわざ石像を扱う必要はないはず。
エーブが石像を取り扱っていたのは、
教会との繋がりを保つため、というところまでは理解できますが、
教会の司教が大司教になって、
エーブにはどんな利益があったんでしょうね?

エーブの提案が罠である可能性はかなり低い。
尤も皆無とは言えませんが、損得の勘定から考えると、
ロレンスを罠に嵌めるメリットが薄い気がします。
ただしロレンスの方が、
圧倒的にリスクは高いように見えますけどね。
寧ろ気になるのは、エーブに焦りが見られることでしょうか……
少々強引に物事を進めているように見受けられますね。

spice2_10_03.jpg

続きを読む


狼と香辛料Ⅱ 第9話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第9話を見ました。
エーブの紹介でリゴロと会える事になったロレンスだが……

第9幕-狼と無謀な商談-
spice02_09_01.jpg

エーブとの会話で、
街の年代記作家であり五十人会議の書記を勤める、
リゴロに紹介される事となったロレンス。
翌朝にホロを伴って彼の家を訪れるが、
応対したのがリゴロ本人ではなく、
彼の世話役でもある修道女のメリルであることに戸惑うことに。

彼の家の中にある、一面ガラス張りの庭園。
来訪に応じたリゴロは五十人会議が終わったことを告げるが、
ホロとロレンスは、
二人が聞きたいであろう事を見抜いて機先を制したリゴロの、
五十人会議の書記という立場から培われた、
鋭い洞察力に素直に感嘆する。

古い伝承を知りたい理由を問われたロレンスは、
正直に理由を語り、
伝承の記された書物を借り受けることとなったのだが……

spice02_09_03.jpg

気が弱い優男風にも見えるリゴロですが、
洞察力は半端無く高いですね。
ロレンスは動揺をほんの少し見せただけですが、
隣にいたホロの仕種も含めて読み取ってしまうとは……
前回、エーブは「リゴロに近付こうとする者は多い」
と言っていましたが、
会議の書記という立場だけではなく、
この洞察力も理由に含まれていそうですね。

エーブがリゴロにロレンスを紹介したのは、
どうやら五十人会議の内容を知るのが目的だったようですね。
とは言ってもリゴロの事はエーブの方が知っているわけで、
リゴロがロレンスに内容を話してくれれば儲けもの、
程度の感覚だったんでしょう。

教会相手に石像の取引による商売をしていたエーブ。
しかし、北の大遠征が中止となったことで、
石像の需要が無くなってしまい、
教会側が取引を拒んだことで商売が出来なくなった。
そこでエーブは一儲けするためロレンスに対し
「ホロを売ってくれ」と商談を持ちかけてきますが……
ひょっとしてエーブは、
ホロが狼の化身であることに気付いているんでしょうか?
それとも、人身売買が目的なんでしょうか?

spice02_09_02.jpg

続きを読む


狼と香辛料Ⅱ 第8話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第8話を見ました。
港街レノスで起こっている問題とは?

第8話-狼と蠱惑的な旅人-
spice2_08_07.jpg

港へとやってきたホロとロレンスは、
お酒を飲みながらホロの耳で情報を集めていた。
その結果、例年行われていた北の大遠征が中止になった影響は、
いたるところに出ていることがわかる。

酔いが回ったホロを宿に残し、
情報収集のために酒場へとやってきたロレンスは、
酒場のウェイトレスであるヘレーナから、
レノスは外地商人への毛皮の販売を行わない可能性があることを聞く。

五十人会議が終わるのを待ち、
リゴロに接触することを決めたロレンスは、
アロルドに北の降雪状況を訊ねる。
その際、北から来ている宿の常連に話を通してもらう約束を取り付けたが、
そこにエーブが現れる。

リゴロのことで話があるというエーブ……
彼女とリゴロの関係とは?

spice2_08_05.jpg

街の外に集まっていた商人の謎、
そしてアロルドが言っていた「毛皮が……」の謎が判明します。
街の外にいたのは毛皮の買い付けを行い、
それを加工して服にする人たち。
ところがレノスの五十人会議では、
その毛皮がを巡って議論が繰り広げられている状態。
どうやら、毛皮とそれに関する商品の、
独占を目論んでいる人たちがいるようですが……

ロレンスに意味深な挑発行為というか、
誘惑行為をするヘレーナさん。
ホロの存在を聞かされて、残念がってますね。
ところで、ロレンスが頼んだ尻尾料理って……なんでしょう?
ホロ曰く「尻尾がでかくて平らな鼠の尻尾」とのことですが、
リス……で、あっているんでしょうかね?

謎の女商人エーブですが、雑談する時も男口調ですか……
どうやらロレンスのことを気に入ったようですが、
彼女もまた今回のキーパーソンになるんでしょうね。

spice2_08_03.jpg

続きを読む


狼と香辛料Ⅱ 第7話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第7話を見ました。
というわけで、感想です。

第7幕-狼と戯れの日々-
spice02_07_11.jpg

クメルスンの街を後にしたロレンスたちは、
日に日に冬の気配が強まる中、
毛皮と材木の港町レノスへと辿り着く。

だが、街の外には行商人が溢れかえっており、
入り口は物々しい警備で身体検査を受けた挙句、
商売のための許可証まで発行されることになる。

ディアナから聞かされたホロの伝承。
そこからヨイツの手掛かりを得るために、
街の伝記作家であるリゴロを尋ねようとするロレンスだが、
彼は五十人会議の書記として街の懸案事項に携わっていて、
話を聞くことが出来ない。

他に昔の伝承を知っていそうな人物は既に逝去しており、
リゴロから聞く以外に道が無いことを知ったロレンスたちは、
レノスの街に留まる事になる。

spice02_07_03.jpg

冬が近付いた秋の雨って、冷たいから辛いんですよね。
逆に冬場の雨は温かくていいんですけどね。

アマーティとの一件以降、
ロレンスが少し素直になってきましたね。
見ていてニヤニヤが止まりません。
朝に寝たフリで撫でてもらいそびれて、
舌打ちしたホロがちょっと微笑ましかった。
そんなに甘えつつからかうネタが欲しいのかとw

宿屋の爺さん……えっと、アロルドかな?
「毛皮が」で会話が途切れちゃったから、さっぱり判らないぞ!
毛皮がどうしたんだ?少ないのか?盗まれてるのか?
呆けてる場合じゃないぞ!
いや、アロルドは別にボケをかましてはいないが……

そして新キャラは謎の頭巾女こと、エーブ。
ホロは何かに気付いた感じでしたが、
エーブは何かを知っているのか?

spice02_07_16.jpgspice02_07_01.jpgspice02_07_02.jpgspice02_07_04.jpgspice02_07_05.jpgspice02_07_06.jpgspice02_07_07.jpgspice02_07_08.jpgspice02_07_09.jpgspice02_07_10.jpgspice02_07_13.jpgspice02_07_14.jpgspice02_07_15.jpgspice02_07_17.jpgspice02_07_18.jpgspice02_07_19.jpgspice02_07_12.jpg


関連記事
第1幕-狼とふとした亀裂- 第2幕-狼と嵐の前の静寂- 第3幕-狼と埋まらない溝-
第4幕-狼と浅知恵の末路- 第5幕-狼と希望と絶望- 第6幕-狼と信ずべき神-

狼と香辛料Ⅱ 第6話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第6話を見ました。
ついに迎える決着の時、ロレンスとアマーティの勝負の行方は?

第6幕-狼と信ずべき神-
spice2_06_21.jpg

アマーティに対し、
黄鉄鉱の信用買いによる勝負を挑んだロレンス。
取引時の価格より高騰すればアマーティの勝ち、
逆に元の石ころの価格に戻ればロレンスの勝ちという、
究めて単純な勝負。
市場を揺さぶり、大量の黄鉄鉱を一度に売りに出すことで、
暴落を引き起こそうとするロレンスだったが、
それはマルクの伝手で掻き集めた黄鉄鉱と、
市場に出回っていない錬金術師たちの在庫が頼みとなる、
綱渡りのような危険な賭けでもあった。

しかし、ロレンスはアマーティと一緒にいるホロの姿を見て動揺。
上がり続ける黄鉄鉱の価格と、
ディアナの交渉が失敗に終わったことから冷静さを失うが、
ラントの一言で冷静さを取り戻すと、
最後まで足掻くために賭けに出る。

圧倒的不利な状況の中、
奇跡を呼び込んでロレンスは勝利を納めることが出来るのか!?
ホロ、アマーティ、ロレンス。
この三角関係に、決着の時が訪れる。

spice2_06_04.jpg

ホロの出番が、キタ―――――(゜∀゜)―――――!!
このところ出番が極端に無かったホロですが、
久しぶりに出番多目です。
今回はもう、ニヤニヤものですね。

ホロのことを完全に信じ切れていないロレンスの焦りや不安、
それをアマーティやディアナの存在を加える事で、
強く引き立たせていますね。
ラントの告白で冷静さを取り戻したロレンス。
手持ち最後の黄鉄鉱を売りに出した時、
呼応するように錬金術師から掻き集めた黄鉄鉱を売りに出すホロと、
驚きを見せず当然のようにそれを受け止めるロレンス。
それは恐らく信頼だけではなく、理解していたが故なんでしょうね。

絶対的優位にいたはずのアマーティだったんですが、
最後の最後でホロに出し抜かれる形に。
もともとの貯金のお陰か、大きな損失にはならなかったようですが、
敗因はアマーティの想いが独り善がりな物であり、
ホロのことを全く理解していなかったことでしょうね。
どうやら、ホロに不用意な一言を発して、
敵に回していたようですからね。

今回の一件で一番焦っていたのは、間違いなくホロでしょう。
ロレンスが言ったとおり、
ボタンのかけ違いから話が大きく複雑になってますから。
ヨイツの一件で仲違いすることとなったホロとロレンスだったが、
落ち着きを取り戻したホロの謝罪を、
ロレンスは拒絶と受け取ってしまった。
アマーティの結婚誓約書に署名したのも別の思惑があり、
ロレンスなら絶対に同意しないであろう事を見越しての行動だったが、
ロレンスはホロの予想の斜め上の行動を開始し、
ある種無謀ともいえる勝負に出られてしまいましたからね。

ディアナがロレンスに話した黄鉄鉱の先約の話は、
恐らく真っ赤な嘘でしょう。
ロレンスとは既に面識がありますし、
直前に訪れていたホロの話と併せて事情は察していた。
二人の関係修復のきっかけとしては、
ロレンスよりもホロに黄鉄鉱を託した方が効果的でしょうからね。
そう考えれば、ディアナの行動の謎もはっきりしますし、
なによりホロとロレンスの関係修復は自然ですから。

続きを読む


狼と香辛料Ⅱ 第5話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第5話を見ました。
アマーティに宣戦布告したロレンスの秘策とは!?

第5幕-狼と希望と絶望-
spice02_05_02.jpg

アマーティを罠に嵌めるためは大量の黄鉄鉱が必要だったが、
市場に出回っている黄鉄鉱を掻き集める事は不可能に近かった。
だが、錬金術師たちが持っている黄鉄鉱が
未だ手付かずな事に気付いたロレンスはディアナの協力を仰ぐため、
バトスに会いに行く。
ホロを守るための助力が欲しい、と希うロレンスに、
バトスはディアナとの間で取り決めた隠語を伝える。
だが、ディアナの元には既に黄鉄鉱を求めるアマーティが訪れた後だった。
ロレンスはディアナの協力を得て、
黄鉄鉱を手に入れることが出来るのか?
いよいよ命運を賭けた、勝負の朝を迎える。

バトスに理由を問われた時、「連れ合い」でも「ホロ」でもなく
「積荷」という表現を使う辺り、
商人らしい比喩かな?って気もしますね。
照れくさいというのもあるのかもしれませんが、
商人としての説得力を出すための表現ともいえるでしょうね。

ロレンスより一足早くディアナの元を訪れていたアマーティ。
彼をディアナに引き合わせたのはバトスなんでしょうか?
それとも別の誰かなのかな?
そしてジョーカーである錬金術師たちの黄鉄鉱の行方を握るディアナ。
彼女はアマーティとロレンス、どちらを選ぶのか……

そして数少ない味方でもあるマルクは、
黄鉄鉱が高騰しすぎて売るに売れないでいる
街商人仲間の情報を仕入れてますね。
良い人です。
このまま良い人で、出番を終えていただきたいものですね。

spice02_05_11.jpgspice02_05_01.jpgspice02_05_03.jpgspice02_05_04.jpgspice02_05_05.jpgspice02_05_06.jpgspice02_05_07.jpgspice02_05_08.jpgspice02_05_09.jpgspice02_05_10.jpgspice02_05_12.jpg

自分にとってのホロの存在、
そして自分の気持ちに気付き、自覚を始めたロレンス。
逆転の一手を封じるための布石を打ち、
自身の優位に勝利を確信しつつあるアマーティ。
どちらが勝つのか、目が離せませんね。

関連記事
第1幕-狼とふとした亀裂- 第2幕-狼と嵐の前の静寂- 第3幕-狼と埋まらない溝-
第4幕-狼と浅知恵の末路-

狼と香辛料Ⅱ 第4話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第4話を見ました。
前回、ホロと仲違いしたロレンスはどうするのか……

第4幕-狼と浅知恵の末路-
spice02_04_02.jpg

ディアナからの手紙をホロに読まれたことから不信感を買ったロレンスは、
不安に駆られながら祭の街を一人で歩き回るうちに、
黄銅石の相場が現在の倍に跳ね上がるであろうという噂を聞く。
宿に戻ったロレンスは、
宿屋の主人からアマーティの現在の資産状況が書かれた手紙と、
ホロの署名入りの結婚誓約書を渡される。
残された時間は約1日。
期限まで足掻いて阻止しようと決心したロレンスは、
アマーティに黄銅石を用いた信用買いによる商売で勝負を挑むことに。
だが、ここには二つの大きな問題があった。
ロレンスはこの問題を解決し、勝利することが出来るのか?

ホロは読み書きが出来ないという話でしたが、
契約書に署名しているということは、
簡単な文字や単語なら読み書きできる、って事でしょうね。
手紙を代筆させたのは字が汚いのもありますが、
文章に出来ないというのもあるんでしょう。

警戒してロレンスの誘いに乗ろうとはしないアマーティだったが、
ホロに惚れた弱みをロレンスに巧みに利用されて、
怒りに任せた形で勝負を受けることに……
それでもアマーティは勝算がありそうですが。

暴落を引き起こすためにロレンスの抱える問題、一つ目は黄銅石の確保。
二つ目は黄銅石の相場ですね。
現在の相場で銀貨1000枚に相当する黄銅石を揃える事が出来るかどうか。
そして、仮に揃えたとしても期限までに黄銅石の相場を下げられるかどうか。
その布石として麦の高騰を画策しているようですが……
どうなるんでしょうね?

spice02_04_01.jpgspice02_04_03.jpgspice02_04_04.jpgspice02_04_05.jpgspice02_04_06.jpgspice02_04_07.jpgspice02_04_08.jpgspice02_04_09.jpgspice02_04_10.jpg

素朴な疑問なんですが、
ロレンスは信用買いの取引でアマーティに現金即払いの
銀貨500枚で交渉し、それを成立させました。
しかし、その前のホロの手紙によるアマーティの財産報告では、
現金は銀貨200枚・銀貨300枚分の黄銅石・
処分可能な財産は銀貨200枚分となっています。
アマーティはどうやって500枚の銀貨を揃えたんでしょうか?


関連記事
第1幕-狼とふとした亀裂- 第2幕-狼と嵐の前の静寂- 第3幕-狼と埋まらない溝-

狼と香辛料Ⅱ 第3話 [狼と香辛料]

狼と香辛料Ⅱの第3話を見ました。
というわけで、その感想です。

第3幕-狼と埋まらない溝-
spice2_03_07.jpg

宿で言伝を受け取ったロレンスが向かったのは、
クレメンスにあるローエン商業組合の商館だった。
商館で待っていたアマ-ティはロレンスに契約書を見せ、
ホロの借金の肩代わりと求婚を宣言する。
その条件とは、翌日の夕刻までに現金
トレニー銀貨1000枚を揃える事。
困惑したロレンスではあったが、その契約を結ぶことに。

ホロと祭を楽しんだロレンスだが、
夕刻に一通の手紙とマルクからの言伝を受け取り、
先日ホロが見かけた占い師の影響で、
無価値だった黄銅石が破格の高値で取引されていたことを知る。
その頃、宿に残ったホロはロレンス宛の手紙を読み、
帰るべきヨイツの村が既に滅んでしまった事を知ってしまう。


ホロに惚れてるアマーティは積極的というか、向こう見ずというか……
若さゆえの行動力、と評した方がいいんでしょうね。
まあ、若干暴走気味ではありますが、強かさも兼ね備えていそうです。
もっとも、実は意外と粘着質っぽい気もしますが……

武具の買い付けで大損した時然り。
今回の黄銅石の高騰然り。
しっかりしているようで、実は抜けているロレンスは、
今回も突発的な儲け話に乗り遅れてますね。
まあ狡賢く立ち回り続けて、
莫大利益を稼ぐロレンスなんて想像出来ませんから、
彼はこれで良いんでしょう。

しかし気になるのは占い師とアマーティの動きが、
ちょっと都合良過ぎる気がするんですよね。
実はグルだったりするんでしょうかね?

そして、手紙を読んだことで真実を知ってしまったホロは、
今までのロレンスの配慮に欠けた言動も相俟って、
自暴自棄の状態に……
掛けるべき言葉が見つからないロレンスと、
そんなロレンスに不信感を募らせ、孤独に怯えるホロ。
二人はどんな答えを出すのだろうか?
しかし、前回ホロは字が読めないと言っていたのだが……
手紙の内容が判ったのは、
ディアナが特殊な書き方をしたからなのかな?

spice2_03_01.jpgspice2_03_02.jpgspice2_03_03.jpgspice2_03_04.jpgspice2_03_05.jpgspice2_03_06.jpgspice2_03_08.jpgspice2_03_09.jpgspice2_03_10.jpgspice2_03_11.jpgspice2_03_12.jpgspice2_03_14.jpgspice2_03_13.jpg

――わっちは、ぬしのなんなのじゃ!
もう、この一言にホロの気持ちの全てが凝縮されている気がしますね。
次回はニヤニヤ出来るでしょうか?それとも……

関連記事
第1幕-狼とふとした亀裂- 第2幕-狼と嵐の前の静寂- 第4幕-狼と浅知恵の末路-

前の10件 | - 狼と香辛料 ブログトップ
トラックバックは一部のブログや時間帯、 記事によって弾かれてしまうことがあります。 頂いたトラックバックには返信するよう心掛けておりますが、 全てのトラックバックに返信する事が叶わない事を予めご了承下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。