So-net無料ブログ作成
検索選択
とある科学の超電磁砲 ブログトップ
前の10件 | -

とある科学の超電磁砲 第24話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の最終話を見ました。厳生の孫であり最初の被験者でもある、
テレスティーナが子供たちを連れ去った真の目的とは?

第24話-Dear My Friends-
raylgun24_01.jpg

絶対能力者(レベル6)を生み出すために、
能力体結晶を用いた人体実験を繰り返していた木原厳生。
その実験によって昏睡状態へと陥った教え子を起こす為、
能力体結晶のファーストサンプルの資料を探す木山だったが、
ポルターガイスト現象を調べていた美琴と再会したのをきっかけに、
行方を追っていたMARによって子供たちの身柄を押さえられてしまう。

子供たちを覚醒させるためには学園都市すらも犠牲にしかねない、
目的のために手段を選ばない木山を阻んだ美琴だったが、
テレスティーナが厳生の孫で能力体結晶の最初の被験者であることを知り、
木山に対する個人的な感情から、
最悪の相手に子供たちを委ねてしまったことを悟るのだが、
単身乗り込んだ美琴は、
テレスティーナが作り出したキャパシティダウンの前に、
敗北を喫する事となる。

テレスティーナの正体を知った木山は、
子供たちを取り戻すために単身で追跡を開始するのだが、
ダミーの移送情報を掴まされて窮地に陥ってしまう。
木山の窮地を救い本物の移送先を突き止めた美琴たちの前に、
またしてもテレスティーナが立ちはだかるのだが……

raylgun24_02.jpg

というわけで、超電磁砲も今回でいよいよ最終回となりました。
幻想御手編終了以降は全てオリジナルストーリーとなり、
意味があるのか無いのか良く判らない、
どう見ても繋ぎだよなぁ、としか思えない中に伏線が含まれ、
ようやく最終シナリオに辿り着いてはみたものの、
伏線あまり意味なくね?という状況の中だったわけですが、
原作通り妹達編を行わずオリジナル展開にしたのは、
単に原作の方を気遣ってゆえなのか……
ともかく妹達編はラストを上条さんが持って行っちゃうのと、
他のキャラの出番が激減するからカットされた可能性が高いですね。

今回の敵役であるクリスティーナ・木原・ライフラインですが、
前回の記事でも書いたとおり、本性を現すと口調が汚くなりますが、
自己の欲求を満たすためだけに行動するという、
実はとある~シリーズでは非常に珍しいキャラだったりします。
というのも、基本的にとある~シリーズの登場キャラというのは、
他人のために行動を起こして、その過程で大事になり、
周囲に被害を振りまいていくケースが多いのですが、
クリスティーナの場合は完全に学園都市のダークサイドの部分に属し、
本編でいうなれば一方通行が主役をやる立場になるお話ですね。

結局彼女がどんな能力を有しているのかは謎のままでしたが、
レベル0の佐天がキャパシティダウンの影響を受けていないことから、
彼女のレベルもまた0である可能性もありますね。
まあ、身に着けていたパワードスーツが、
キャパシティダウンの効果を遮断している可能性もありますが……

raylgun24_03.jpg

続きを読む


nice!(25)  コメント(42)  トラックバック(6) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第23話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第23話を見ました。ポルターガイストの原因が、
子供たちの覚醒にあることを突き止めた美琴だが……

第23話-いま、あなたの目には何が見えていますか?-
raylgun23_01.jpg

木原厳生の事を調べていくうちに保釈された木山と再会した美琴は、
ポルターガイスト現象が子供たちを覚醒させる過程で起こる、
RSPK症候群の同時多発によるものと知るが、
彼女たちの後を尾けて来たテレスティーナによって、
子供たちはMARに収容される事となり、
木山の想いを知りながらそれを阻んだことで、
後味の悪いものを感じていた。

行方不明になっていた絆理が見つかったことで安堵するも、
複雑な感情を抱いていた初春は、
春上のお見舞いに行くよう佐天から促されるのだが、
木山の事情を知る初春は絆理の発見を素直に喜べず、
木山の居る病院を訪れる事となる。

能力体結晶の投与実験によって昏睡状態に陥った子供たちを、
MARによって回収されたことで自ら呼び起こす手段を失い、
失意に沈んでいた木山は訪れた初春に励まされ、
子供たちを呼び起こすための研究データを託すためMARを訪れるが、
所長のテレスティーナが木山厳生の孫であることを知るのだった。

自身の感情的な行動から、
最悪な相手に子供たちを託してしまった事を知った美琴は、
単身テレスティーナの元を訪れるのだが……

raylgun23_02.jpg

残り2話となって、いよいよ大詰めの超電磁砲。
前回のラストで例の子供たちが回収されてしまったわけですが、
今回はテレスティーナがようやく本性を現しました。
とはいっても、彼女が今回の事件の首謀者であることは、
12話の時点で判りきっていましたが。

今回木原・ライフラインというフルネームと共に厳生の孫で、
ファーストサンプルの被験者でもあることが判明したテレスティーナ。
本性現した途端に言葉使いが乱暴になりましたが、
実は口調による裏表の変化キャラというのは、
とある~シリーズでは極めて稀少キャラだったりしますw
(今までは精々神裂くらい、しかもキレた時限定だったので)

最初期の能力体結晶の被験者だったわけですが、
気になるのはやはり彼女の能力でしょうね。
能力体結晶の効果を確かめるためには、
能力者に投与してみなければ判らない訳で、
結晶の被験者であるテレスティーナもまた能力者であると推測できますが、
美琴との戦闘はキャパシティダウンを用いていたため能力を使用しておらず、
どんな能力を持っているのかは謎のまま。
しかし、キャパシティダウンは自身にも有効なはずですが、
特に影響を受けている様子が見られなかったのは気になります。
ひょっとしてパワードスーツに何か仕掛けがあるんでしょうかね?

raylgun23_03.jpg

続きを読む


nice!(31)  コメント(16)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第22話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第22話を見ました。衿衣が探している友人が、
かつての木山の教え子だと知った美琴だが……

第22話-レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着く者)-
raylgun22_01.jpg

ポルターガイスト現象によって、
MARの医療施設へと運び込まれた春上衿衣が聞く声。
その声の主が幻想御手事件を引き起こした木山春生の教え子の一人、
枝先絆理であることを知った美琴は、
絆理が昏睡するきっかけとなった実験責任者の木原幻生が、
人体実験も辞さないマッドサイエンティストであることを、
テレスティーナから聞かされる事となる。

事件解決のためには絆理を探し出すことが必要だと聞かされた美琴たち。
しかし春上や絆理を疑う黒子たちに初春が不快感を示したことから、
4人の関係はギクシャクとし始める。
だが問題の子供たちは都市内の医療施設に搬送された後に、
その行方を転々としており、初春の情報収集能力をもってしても、
その行方を掴むことは出来なかった。

なんとなく初春たちに顔を合わせ辛い佐天と美琴は、
早く絆理が見つかるように祈るのだが、
そんな彼女たちの元にテレスティーナから、
木山が保釈されたという情報が舞い込んでくる。
一方、黒子はAIM拡散力場の共鳴によって、
RSPK症候群が集団発生する可能性の論文の情報を入手する。

論文の著者が今回の事件の発端となった、
木原幻生であることを知った美琴は、
単独で彼の研究施設の一つを訪れるのだが、
そこで保釈された木山春生と再会する事となる。

raylgun22_02.jpg

今回意外な形で明らかになった初春の能力。
触っている物体の温度を一定に保つ能力、ということですが、
現時点で考えられる最有力は発火能力で熱を起こしている可能性、
次に考えられるのが美琴と同じ電撃能力でしょうかね。
ただ、レベル1で遠赤外線と同じことを出来るのか?という点と、
電撃の場合両手で挟まなければ無理という点を考えると、
発火能力で熱を起こしているという考え方の方が自然でしょうね。
まあ、冷たいものでも同じように温度を保てるのなら、
発火能力は当てはまりませんが……

本格的に再登場した木山ですが、
今回のポルターガイストの一件に絡んできました。
例の昏睡状態の教え子たちが覚醒直前にRSPK症候群を発症する、
暴走状態の能力者であること。
そして木山の実験がレベル6を生み出すための、
能力体結晶投与実験であることが判明しましたが、
ここにも幾つかの謎が存在していますね。
木原の実験の被験者が生存しているのかどうか、という点と、
木原が何処へ失踪したのか、という点などですが、
どちらもなんとなくですが、予測は付きます。
鍵を握るのは、テレスティーナと春上かな。
突き止めるのは初春と予想。

raylgun22_03.jpg

続きを読む


nice!(33)  コメント(29)  トラックバック(19) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第21話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第21話を見ました。編入生の春上と共に、
花火大会に赴いた美琴たちだったが……

第21話-声-
raylgun21_01.jpg

夏休み中にも拘らず、初春たちの学校に編入してきた春上。
第19学区から引っ越してくる当日、
ちょっとしたトラブルから荷物整理を手伝った美琴たちは、
春上も交えて花火大会へと赴くのだが、
ポルターガイスト現象による局地地震に遭遇する事となる。

ポルターガイスト現象の元であるRSPK症候群が、
AIM拡散力場への干渉からも発生する事を知った美琴は、
同じAIM拡散力場を利用した幻想御手と、
去り際の木山の言葉を思い出し、関連性を調べ始める。
ポルターガイスト現象に巻き込まれたショックで意識を失っていた春上は、
他者から嫌われる事に対する不安を口にするのだが、
初春はそんな春上を必死に励ますのだった。

翌日、ポルターガイスト現場での春上の不審な挙動に対し、
疑問を抱いていた美琴と黒子は、
支部のパソコンを用いて春上のことを調べ始めるのだが、
レベル2の精神感応能力者ということと、
特定条件下に於いてレベル以上の能力を発現する、
特殊な事例の所有者であることを知る。
そんな折、非番の初春と春上が向かった公園で、
またしてもポルターガイストが発生してしまうのだが。

raylgun21_02.jpg

前回のお話で毎回起こっていた地震が、
強力なポルターガイスト現象であると判明したわけですが、
今回は明らかに何かありますよ的登場をした春上のことで、
初春が本気で怒るお話。

今回美琴は地震がRSPK症候群によるポルターガイスト現象であることと、
AIM拡散力場に作用させる事で人為的に起こすことが可能な事を知り、
レベルアッパー事件との共通点に気付いたわけですが、
木山の去り際の一言もあって、
今回の一連の事件に木山の関与を疑うものの、
現在は服役中という黒子からの情報もあって、木山犯人説は消える事に。
しかし美琴たちは気付いていませんが、
木山は前回の花火大会の会場に居たわけで、
完全に無関係かと言われればそうでもなかったり。
それでも今回の一件は木山犯人説を唱えるには、
決定的な欠落が存在していますね。

木山がレベルアッパーによる事件を起こした動機というのは、
AIM拡散力場に干渉して意図的に暴走を引き起こす実験を行い、
その犠牲となった昏睡中のチャイルドエラーを助けるため、
申請を却下され続けたツリーダイヤグラムの代替演算装置を用意するためで、
裏を返せばそれ以外の目的は無いわけですね。
つまりAIM拡散力場に干渉してRSPK症候群を意図的に引き起こす事が、
昏睡中のチャイルドエラーを目覚めさせることと、
どのように関ってくるのかを立証できない限り、
木山が犯人とは言えない訳です。

raylgun21_03.jpg

続きを読む


nice!(26)  コメント(16)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第20話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第20話を見ました。
というわけで、感想です。

第20話-乱雑解放(ポルターガイスト)-
raylgun20_01.jpg

夏休みを迎え日に日に暑さを増していく中、
学園都市では謎の局地的地震の頻発が相次いでいた。
そんなある日、担任の大圄から呼び出された際に、
話題が地震の話に及んだ時、同じ第7学区でありながら、
影響範囲の狭さに疑問を抱いていた初春ではあったが、
夏休み中にも拘らず編入する事となった、
新しいルームメイトの春上 衿衣(はるうえ えりい)を紹介される。

風紀委員として編入生の力になって欲しいと頼まれ、
張り切る初春ではあったが、
後日19学区から引っ越してくる衿衣を最寄の駅へ迎えに行った際に、
引越し業者と入れ違いになり、
荷物で扉を塞がれてしまったことから黒子たちに助力を求める。

衿衣の荷物を片付け、
風紀委員と警備員の合同会議に出席する初春と黒子に代わって、
佐天と共に第7学区を案内する事になった美琴は、
佐天から頻発する地震がポルターガイストと関係していることを聞かされる。
同じ頃、会議に出席していた黒子たちは、
地震の原因が一時的に自立を失った能力者が無意識のうちに能力を暴走させる、
RSPK症候群の同時多発によるポルターガイスト現象の規模を拡大させたもの、
という説明を受けるのだが、固法だけは上の対応の仕方と、
RSPK症候群の同時多発という極めて稀なケースに違和感を覚え、
真相究明のため独自に調査を開始するのだった。

一方、会議を終えて美琴たちと合流した黒子たちは、
花火大会の告知ポスターを見たことから、
浴衣に着替えて全員で花火大会に行く事となったのだが……

raylgun20_02.jpg

ある意味平凡かつ退屈だった繋ぎのお話も終わり、
いよいよ最終シナリオが幕を開けた今回の超電磁砲。
しかし、その割にはかなり薄っぺらい印象がするのは私だけでしょうかね?

美琴とは違って普段他人から頼られる事になれていない初春は、
大圄から衿衣の面倒を頼まれて張り切るものの、
気合だけが空回りしているような印象ですね。
それは前回も同じですが、いいとこ見せようとして失敗し、
周りのフォローで段々落ち込んでいきそうな気配がします。
電脳エキスパートである初春ですが、
どうやら彼女に活躍の場は与えられそうにない予感が……
しかし意外だったのは、佐天のスカート捲りが初春にしか行わないことを、
当の初春が気付いていなかったことでしょうかね。

既に噂大好き少女というポジションが確定している佐天。
普段は初春を支えるような動きながらも、
色々と悩み苦しんできたわけですが、
この最終シナリオではそのポジションを初春に譲りそうな感じですね。
4人の中では一番普通な娘(悪い言い方なら取り得が無い)ですが、
なんとなく微妙なポジションに置かれそうな気がしますね。

raylgun20_03.jpg

続きを読む


nice!(48)  コメント(23)  トラックバック(42) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第19話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第19話を見ました。
というわけで、感想です。

第19話-盛夏祭-
raylgun19_01.jpg

常盤台中学女子寮盛夏祭。
普段は外部に対し、決して解放することのない常盤台の寮が、
年に一度だけ門戸を開き、学生が招待した者に対してのみ、
特別に解放されるのが盛夏祭である。
長幼の区別無く、外部からの一般客を寮生全員でもてなす祭だが、
美琴は満場一致でとある役目を負わされたことで、
憂鬱な気分のまま当日を迎える事となる。

黒子からの招待状を受け取り盛夏祭へとやってきた初春と佐天だが、
肝心の黒子は盛夏祭に協力している繚乱家政女学院の生徒である、
土御門 舞夏(つちみかど まいか)によって厨房の補助に連れ戻され、
美琴に寮内を案内される事となる。

寮内の展示品や催し物を見て回り、
常盤台のお嬢様の雰囲気を満喫してご機嫌な初春ではあったが、
催し物の一つであるステッチの体験教室で、
佐天や美琴の出来のよさに落ち込んでしまう。

昼食のために訪れた食堂で、
寮監が招待したあすなろ園の孤児たちと再会した美琴だったが、
午後のステージで行う出し物について、
子供たちに吹き込んだ寮監や話を聞いていた初春と佐天、
更には舞夏から余計なプレッシャーを背負い込まされてしまうのだった。

一方その頃、寮の中庭の特設ステージでは、
寮生の私物オークションが開催されていたのだが……

raylgun19_02.jpg

とある~でメイドと言えば、この人を出さなきゃ駄目でしょう!!
というわけで、今回はメイドコス。
そしてメイドコスと言えば、堕天使エロメイドの神裂さんw
……ではなくて、やはりメイド養成学校に通っている舞夏でしょう。

舞夏は禁書目録を見た方はご存知、
金髪グラサンシスコン魔術師である土御門元春の義理の妹な訳ですが、
原作を含めて意外な事に超電磁砲では出番が無かったんですよね。
彼女が通っている繚乱家政女学院は実地研修も行っており、
美琴と黒子が住んでいる外の女子寮は、
舞夏の研修先の一つでもあるので、
本来ならばもっと出番があってもおかしくは無いんですけどね……
実際禁書目録では上条の隣の部屋が土御門の部屋なので、
意外なほどちょくちょく出番があったわけですが。
しかし、舞台が常盤台の寮内だからか、
今回は掃除ロボットに乗っている描写はありませんでしたねw
(常盤台の外だと掃除ロボットの上に正座して、
自在にロボットを操って移動していたんですけどね)

オークションに参加して、
ブランド物のバッグ財布を買い漁っていた固法先輩。
言い訳にしか聞こえないという佐天のツッコミ通り、
明らかに顔がにやけていますねw

raylgun19_03.jpg

続きを読む


nice!(47)  コメント(19)  トラックバック(41) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第18話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第18話を見ました。
というわけで、感想です。

第18話-あすなろ園-
raylgun18_01.jpg

「義務教育課程終了までに、世界に通用する人材を育てる」
という教育理念を抱く、学園都市有数の女子校・常盤台中学。
複数の女子校によって作られた「学舎の園」の内部に存在する、
常盤台中学は、学舎の園内外に寮を保有しているのだが、
外の寮には規則に関して非常に厳しい寮監が存在した。

外の寮で生活する黒子は、いつものように同室の美琴にじゃれつくのだが、
その際に「寮内に於ける、如何なる能力の使用を禁ずる」という寮則に反し、
瞬間移動能力を行使したことから寮監にお仕置きを受けてしまう。

規則に対してあまりにも融通の利かない寮監に、
怒りと不満を募らせていた黒子だが、
おめかしして出掛ける寮監の姿を見つけ、
横暴な態度を改めさせるための弱みを握るために美琴と共に尾行するが、
完全にお見合いに向かうと思い込んでいた黒子は、
寮監の向かった先がチャイルドエラーを保護している、
児童養護施設であることを知って意外に感じてしまう。

一方、テストの成績が低かったことからボランティアの一環として、
児童養護施設の手伝いに訪れていた初春と佐天は、
寮監を尾行してきた美琴と黒子に出会うのだった。

児童養護施設における寮監の様子から、
佐天たちの担任教師に気があることを察した黒子は、
美琴たちを巻き込んで寮監の恋路を応援することを決意し、
その旨を申し出るのだが……

raylgun18_02.jpg

常盤台中学外部寮 寮監(本名不明)
29年目の恋の行方や如何に!?


というわけで、寮監の本名は明かされないのに29歳設定が判明した、
と非常におかしな今回の超電磁砲。
正直、メインでやるなら名前位付けてあげようよ、と言いたくなります。
最初は「女子寮の寮監」と書こうと思いましたが、
よくよく考えてみると常盤台中学は女子校なので、
生徒は女子しか居ないわけですから、
必然的に女子寮と書く意味が無いんですよね……
これが上条さんのように共学校なら、話は別なんですけど。

普段は寮則を破った生徒(主に黒子)に、
問答無用の制裁を浴びせる寮監ですが、
今回はおもいっきり乙女恋愛モードでしたね。
ただ正直、眼鏡かけてると寮監は怖いです……
まあ、外した時とのギャップはかなりありますが。

そして寮監の恋心にいち早く気付いた黒子。
さすがは自称・恋する乙女(ただし美琴限定)と言ったところでしょうが、
態度が180度変わっているのが……
最初はお見合いだと思ってつけていたものの、
途中でピザ屋に寄ったことから相手はイタリア人と勝手に推理。
それ以前に寮監が持っているピザの量を考えたら、
どう考えてもお見合いとは思えないんですが、
思考がお見合いから離れようとしない不思議さ。
というか、美琴もその時点で何故突っ込まないのか?と……

raylgun18_03.jpg


続きを読む


nice!(39)  コメント(72)  トラックバック(40) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第17話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第17話を見ました。スキルアウト「ビッグスパイダー」が起こした、
能力者狩りは一応の終息を見たのだが……

第17話-夏休みのつづり-
raylgun17_01.jpg

アンチスキル……
学生たちの自警行動組織である風紀委員と異なり、
学園都市の治安維持を目的とし、
主に教師を中心として組織された都市の警備部隊。

その警備員に所属する鉄装綴里(てっそうつづり)は決して優秀とは言えず、
学校の教師と警備員としての職務の多忙に追われていた。
8月に入って暫く経ったある日、
警備員は人手が不足している風紀委員のサポートとして、
治安維持のための街の巡回任務が課されていたが、
教師としての仕事が終わらない綴里は集合時刻に遅れ、
パートナーを組む黄泉川愛穂から叱責を受けてしまう。

仕事のミスは仕事で取り返せ、と言われた綴里ではあったが、
強盗事件では人質を救出するも代わりに自らが捕らえられ、
完全下校時刻を目前に控えたゲームセンターでは、
幻想御手事件で知り合った美琴たちから、
ストレス解消としてゲームを奨められてしまったりと、
なかなか思うように行かないことから、
またしても黄泉川から注意を受ける事になる。

黄泉川の同僚である小萌に励まされ、
自らを奮い立たせた綴里ではあったが、
翌日の巡回では道案内に悪戦苦闘し、小さな子供には盛大に泣かれ、
未だ終わらない教師としての仕事もあって、
徐々に教師としても警備員としても自信を失っていくが、
落ち込んでいる綴里を心配した黄泉川と小萌は、
何でもいいから好きなことをやって気晴らしをしろ、
アドバイスをするのだった。

更に翌日、生徒たちの評定が終わらない綴里は、
黄泉川から評定を終わらせる事と、
次回の飲み会の会費持ちを言い渡されるのだが……

raylgun17_02.jpg

まさかまさかの、姫神秋沙登場!!

いや……小萌先生が生徒に家の屋根を吹っ飛ばされた、
と言っていた時点で禁書の登場は予想できていましたが、
さすがに姫神の登場までは予想できませんでしたね。
しかもハンバーガー全部買い占めようとしているし……
はてさて、姫神はそんなにお金持っていただろうか?
最初にハンバーガーを買ったときは、
確か帰りの電車賃が足りなくて上条さんに借りようとしていたはず……

学校名を聞かれて「霧が丘女学院。でも今はフリー」と答えている点と、
首から歩く教会をぶら下げているところを見ると、
現在の上条さんは右腕を切り落とされて入院中、といったところでしょう。
ともかく、三沢塾での一件が終了しているわけなので、
時期的には8月6日から7日といったところでしょうかね?
(妹達編が8月10日からということは、
あと2~3日を7話に詰め込むと言う事に……
いや、時間軸が逆行する可能性もありますか)

raylgun17_03.jpg

続きを読む


nice!(38)  コメント(23)  トラックバック(40) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第16話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第16話を見ました。能力者狩りの首謀者である黒妻の前に、
苦戦する美琴と黒子。そんな二人の前にもう一人の黒妻が現れ……

第16話-学園都市-
raylgun16_01.jpg

能力者狩りを行っているスキルアウト、
「ビッグスパイダー」を追い詰めた美琴と黒子は、
彼らが所持していたキャパシティダウンによって能力を封じられ、
逆に追い詰められていくのだが、
そんな窮地を救ったのが本物の黒妻であることをと、
固法と過去に面識があることを知る。

一人我関せずを決め込む黒子に対し、黒妻との関係が気になるものの、
固法が支部署に一向に顔を出さないため事情を聞くことが適わず、
モヤモヤしていた美琴たちだったが、
黒子の提案で固法の寮へ押しかけて問い質す事に決めたのだが、
固法のルームメイトである柳迫碧美から、
固法が能力者である事を隠してビッグスパイダーに所属していた事を聞かされる。

自分の居場所を見失っていた固法が選んだ道。
都市の中で感じる疎外感、見失ってしまった自分探し、
学園都市の住人が一度は掛かる麻疹のようなものと語る碧美だが、
美琴は険しい顔で2度は掛からないと告げる。

風紀委員としての職務を放棄し、
過去の幻想を追い求めるように黒妻を捜す固法に対し、
現在の自分たちの存在をないがしろにされた気がして、
怒りを顕わにする美琴だったが、
佐天から過去があるからこそ今が存在するのだと諭される。

そんな折、能力者狩りの情報収集で、
支部所に詰めていた黒子たちのもとに、
警備員によるスキルアウト一斉検挙実施のメールが届く。
この一報で固法が動く事を読んだ美琴は、
説得のため単身で第10学区へと赴くのだが……

raylgun16_02.jpg

後期OPでは出番無し、前期OPには出ていたものの、
その間本編では一切出番が無かった碧美ですが、
前回に続いて登場となりました。
いや~……彼女もてっきりスキルアウト出身?とか思っていたわけですが、
どうやら中学時代からの友人ではあっても、
一緒にビッグスパイダーに居たわけではないようです。
しかし、碧美の登場はかなり引っ張った感じがしますね。
原作だと銀行強盗の一件で登場しているんですが……
ただ、原作を見ると彼女が持っているのは治癒系の能力のようで、
今後も出番があるのか微妙なところではありますが。

そして原作とは比較にならないほど出番が多い固法先輩。
ビッグスパイダーに所属していた当時はレベル2、
現在はレベル3の透視能力者であることが判明したわけですが、
ついでに学年も判明しましたね。
2年前の制服がセーラー服だったので、
黒子や初春が小学生の時は私服だったことを考えると、
これが中学時代。
更に黒子と初春が出会った当時、
先任のジャッジメントとして黒子の指導に当たっていた時点で、
現在の制服を着ているということから考えると、
固法先輩は高校2年生で、16~17歳ってところでしょうか。

raylgun16_03.jpg

続きを読む


nice!(38)  コメント(7)  トラックバック(69) 
共通テーマ:アニメ

とある科学の超電磁砲 第15話 [とある科学の超電磁砲]

超電磁砲の第15話を見ました。一見平穏な学園都市の裏で、
横行する能力者狩りに頭を痛めていた風紀委員たちだったが……

第15話-スキルアウト-
raylgun15_01.jpg

木山の起こした幻想御手事件の後始末も終わり、
平穏を取り戻したかのように見える学園都市第7学区だったが、
黒子たち風紀委員は第7学区で頻繁に発生していた、
無能力者たちの集団「スキルアウト」による、
能力者狩りへの対応で頭を悩ませていた。

能力者狩りの標的にされた婚后は、
相手が無能力者であることから襲撃してきたスキルアウトを見下すが、
奇妙な音を聞いた途端に能力が使用できなくなり窮地に陥ってしまう。
しかし偶然通りかかった男に助けられて事なきを得、
現場に駆けつけた固法と黒子は確保したスキルアウトと婚后の証言から、
能力者狩りを行っているのが「ビッグスパイダー」と呼ばれる、
スキルアウトの中でも有力な組織であることを知る。

婚后が襲われたことを知った美琴は、
集団で女子生徒を襲うスキルアウトのやり方に憤りを覚えるが、
トラブルに自分から首を突っ込む性分を黒子に窘められてしまう。

後日、ビッグスパイダーによる能力者狩りの被害が、
急増している事を知った美琴と黒子。
初春が集めた情報からリーダーの名前と、
ビッグスパイダーが勢力を拡大させた2年前から、
彼らが武器によって武装し始めたことを知った美琴は、
理由をつけて捜査を拒もうとする固法の代わりとして、
事件の解決と彼らの武器流通ルートを探るため、
黒子を連れてスキルアウトの溜まり場である第10学区へと赴く。
しかし、着いて早々スキルアウトに絡まれてしまった美琴と黒子だが、
一触即発の場に現れたのは牛乳を持った謎の男だった。

raylgun15_02.jpg

さて、禁書目録同様15話でOPが変更となったわけですが、
最大の注目点はOPにインデックスが出ているということでしょうかね。

raylgun_op2.jpgこちらがその証拠映像(クリックで原寸大表示)
しかし安心するのはまだ早いです。
禁書目録放送時の佐天と初春のように、
OPだけという可能性もありますのでw
しかも本当に一瞬だけ登場でしたが、顔が映らなかった上条さんよりマシでしょう……
果たして本編で禁書目録の出番はあるのか?
ただ、出番はあっても妹達編をやらない以上、
上条さんとの絡みか、美琴以外のキャラとの絡みでしかなく、
夏休み明けに初顔合わせの美琴との絡みで登場することはありえませんけどね。
可能性が高いのは再登場するっぽい小萌先生か初春、
次に佐天絡みといったところでなら出番があるかも。

raylgun15_03.jpg

続きを読む


nice!(38)  コメント(13)  トラックバック(59) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | - とある科学の超電磁砲 ブログトップ
トラックバックは一部のブログや時間帯、 記事によって弾かれてしまうことがあります。 頂いたトラックバックには返信するよう心掛けておりますが、 全てのトラックバックに返信する事が叶わない事を予めご了承下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。