So-net無料ブログ作成
検索選択
横浜DeNAベイスターズ2012 ブログトップ
前の10件 | -

完全ペースも突如乱調。そして大敗 [横浜DeNAベイスターズ2012]

5位の阪神タイガースに連勝し、ゲーム差を4まで詰めた横浜DeNAベイスターズ。
しかし今日の試合で勝てば3ゲーム差となるものの、負けてしまえば再び5ゲーム差に広がり、
追いかけるのが厳しくなってしまうだけにしっかり勝ちに行きたいところ。
さて本日の横浜DeNA先発は三浦、対する阪神の先発は能見。
その結果は……

DeNA 2-9 阪神 で、タイガースの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

阪神タイガース第15回戦(阪神甲子園球場)
TEAM123456789101112RHE
DeNA100001000---250
阪神00050121×---9101




勝利投手:能見篤史 6勝 7敗  セーブ:
敗戦投手:三浦大輔 8勝 5敗
本塁打:鳥谷敬 第4号(4回ツーラン) 新井良太 第5号(4回スリーラン)
     アレキサンダー・ラモン・ラミレス 第14号(6回ソロ)
     マシュー・ヘンリー・マートン 第4号(6回ソロ) 新井貴浩 第5号(7回ツーラン)
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 内村(二) 中村紀(三) ラミレス(左) 金城(右) 渡辺(遊) 後藤(一) 黒羽根(捕)
三浦(投)
三浦(6回)→林→福田-黒羽根
阪神タイガース
平野(二) 大和(中) 鳥谷(遊) 新井(一) 金本(右) マートン(右) 新井良(三) 藤井(捕) 能見(投)
能見(7回)→福原→藤川-藤井


連敗・連勝と後半戦の星を五分に戻した横浜DeNAだが、最下位脱出を目指すなら苦手の広島
戦う前にしっかりと3つ勝って阪神との差は詰めておきたいところ。

試合内容は横浜DeNAが初回に荒波がスリーベースで出塁すると、荒波のリードが大きいと見た
藤井は内村の打席の3球目でサードへ送球するも悪送球。労せずに横浜DeNAが先制点を奪い、
これで能見が慎重になりすぎたのか内村・中村紀と連続四球で無死1・2塁と追加点のチャンス
を作り出したが、ラミレス・金城・渡辺直人が相次いで凡退して1点止まり。初回攻勢で一気に能
見攻略とはならなかった。
一方で先発の三浦は能見とは対照的に三者凡退で立ち上がると、3回まで30球のパーフェクト
ピッチングという安定した投球を披露したが、打線が二周り目に入った4回に落とし穴が待ってい
た。先頭の平野には粘られた末に四球と大和の送りバントで2塁へ進まれると、3番鳥谷にはセ
ンターバックスクリーンへの一発を被弾。僅か一振り、この試合初めて許した安打で試合を引っ
くり返されてしまうと、新井にヒット・マートンにツーベースを許し、新井良太にも一発を浴びてこの
回だけで5失点。
能見を崩しきれない横浜DeNAに、4点のビハインドが重く圧し掛かってくる。

思わぬ形で追う立場へと転がり落ちた横浜DeNAは6回表、ラミレスのソロホームランで1点を返
すも直後に三浦がマートンに被弾して4点差が詰まらない。更に2番手の林が2死から鳥谷に出
塁を許すと、ここまで沈黙していた新井に痛恨のツーランホームランを被弾して勝負あり。
8回には3番手の福田が1死から3連続四球で満塁とすると、鳥谷のセカンドゴロの間に1点を追
加されれば、最後は藤川の前に手も足も出ず試合終了。
連勝で勢いをつけるはずが、大量失点による惨敗と嫌な敗戦を喫してしまった。


なんというか……三浦で負けたら仕方ないよね。と言いたい所なんですが、残念ながら今日の試
合に関しては仕方が無いでは済まないですよね。
相手のミスで先制点貰って、更にチャンスまで広げたのに追加点が取れない。
一巡目は完璧に押さえたのに、二順目で2発被弾して炎上。
しかも2番手も被弾、3番手は一人相撲でそれぞれ失点ですから、勝てるわけが無いです。
福田は……名誉挽回のチャンスを与えられるのか?それとも2軍降格か?
降格ならオフにはクビだろうなあ……

さて、明後日からハマスタでまたしても広島戦。
虎の背中が遠ざかる広島戦……

nice!(5)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

藤井の好投で連勝 [横浜DeNAベイスターズ2012]

現在最下位とはいえ、このままズルズルとシーズンを終わるわけにはいかない横浜DeNAベイス
ターズとしては阪神タイガース相手に勝ち越して、少しでも望みを繋ぎたいところ。
さて本日の横浜DeNA先発は藤井、対する阪神の先発は岩田。
その結果は……

DeNA 3-1 阪神 で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

阪神タイガース第14回戦(阪神甲子園球場)
TEAM123456789101112RHE
DeNA201000000---340
阪神000001000---181




勝利投手:藤井秀悟 5勝 2敗  セーブ:山口俊 2敗 1H 13S
敗戦投手:岩田稔 5勝 10敗
本塁打:
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 内村(二) 中村紀(三) ラミレス(左) 後藤(一) 渡辺(遊) 一輝(右) 鶴岡(捕) 藤井(投)
藤井(5回2/3)→加賀(1/3)→菊地→藤江→山口-鶴岡
阪神タイガース
鳥谷(遊) 大和(中) 新井良(三) 新井(一) マートン(左) 浅井(右) 平野(二) 藤井(捕) 岩田(投)
岩田(7回2/3)→福原(1/3)→渡辺-藤井(7回)→今成


熱い最下位争うが繰り広げられるのか?はたまた例年通り終戦へ向けて一直線なのか?
後半戦の横浜DeNAのささやかな展望を占う阪神戦は、初戦で逆転勝ちを納めて最下位争いへ
一歩前進。

試合内容は横浜DeNAが初回に阪神先発の岩田の立ち上がりの悪さに付け込む様に先頭の荒
波が粘って四球で出塁すると、内村は凡退するも中村紀は死球を受け、岩田の牽制悪送球もあ
って1死2・3塁と絶好のチャンスを迎える。
するとラミレスが役割をきっちりと果たしてライト前へのタイムリーを放てば、昨日死球を受けた影
響でベンチスタートの筒香に替わりスタメン出場の後藤はサードゴロに倒れるも、その間に3塁走
者の中村紀が生還して2点のリードを奪えば、3回には荒波がマートンの拙い守備もあってツー
ベースで出塁すると内村の送りバントで3塁へ進み、中村紀の打球を新井良太が本塁送球を選
択するも、それを掻い潜って追加点を奪いリードを広げていく。

一方、阪神打線に連打を許さず5回までを無失点に抑えてきた横浜DeNA先発の藤井だったが、
6回1死から大和にヒットと盗塁、更に新井良太の進塁打で3塁まで進まれると、新井のレフト前
タイムリーで1点を失い今日も6回を投げきることなく降板となる。
その後横浜DeNAはチャンスを作りながらも追加点を奪えなかったが、投手陣が阪神打線の反撃
を抑え込み、最後は山口が1・2塁のピンチを背負うも代打金本をライトフライに打ち取り試合終了。
序盤に相手のミスで得たチャンスをものにすると、主導権を放さずに試合を進めて連勝した。


やはり藤井は頼りになりますね。
たとえ5回・6回で降板することになっても、それまでをきっちりと抑えて試合を作ってくれる投手は
残念ながら今の横浜DeNAだと三浦と藤井だけなので、やはり藤井がしっかりと役割を果たしてく
れるのは大きいですね。

さて、明日の先発は横浜DeNAが三浦、阪神は能見です。
明日も勝って、阪神とのゲーム差を詰めておきたいところですねえ。

nice!(2)  コメント(53)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

阪神の自滅で連敗ストップ [横浜DeNAベイスターズ2012]

現在3位に居る広島が今後失速したとしても、その広島相手に派手に負けている横浜DeNAベイ
スターズは、どんなに頑張っても広島の上には行けないということ。
従って現在5位に低迷している阪神・Bクラスに落ちた東京ヤクルトを自力で追い抜く以外に最下
位脱出の可能性は無いため、今日からの3連戦は後半戦の展望を占う意味も持ちます。
さて本日の横浜DeNA先発は高崎、対する阪神の先発はスタンリッジ。
その結果は……

DeNA 5-1 阪神 で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

阪神タイガース第13回戦(阪神甲子園球場)
TEAM123456789101112RHE
DeNA000003101---591
阪神001000000---1101




勝利投手:高崎健太郎 4勝 7敗  セーブ:
敗戦投手:ジェイソン・ウェイン・スタンリッジ 5勝 6敗
本塁打:小池正晃 第3号(6回スリーラン)
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 内村(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 金城(右) 渡辺(遊) 筒香(三) 黒羽根(捕)
高崎(投)
高崎(8回)→山口-黒羽根(5回)→鶴岡
阪神タイガース
鳥谷(遊) 大和(中) 新井良(三) 新井(一) マートン(右) 平野(二) 伊藤(左) 小宮山(捕)
スタンリッジ(投)
スタンリッジ(6回)→渡辺(2/3)→加藤(1/3)→小嶋(1回2/3)→鶴-小宮山(8回)→今成


首位巨人相手に連勝すれば最下位脱出への強力な足掛かりとなるはずだったのだが、結果は
先制しながらも自滅する形で逆転負けを喫しての2連敗。
今日から最下位争いの直接ライバルとなる5位の阪神相手に3連戦。ここでもう一度浮上のきっ
かけを掴んでおきたいところ。

試合内容は横浜DeNAが初回・2回と走者を出し、2回は1死満塁のチャンスを作りながらも下位
打線がスタンリッジを捕らえきれずに無得点。対する先発の高崎も阪神打線に早々と攻め立てら
れ、こちらも毎回のように走者を背負いながら辛うじて無失点に抑えるという不安な立ち上がりを
見せる。
そんな状況の試合が動いたのは3回裏、先頭の鳥谷が右中間へのスリーベースで出塁されると
大和にタイムリーツーベースを許し、2本の長打であっさりと先制点を与えてしまうと新井良太に
セーフティバントを決められて無死1・3塁のピンチを招くが、新井を三振・マートンを併殺打に仕留
めて高崎は辛うじて最小失点で切り抜けることに成功する。

その後も高崎は走者を出しながら辛うじて失点を防いでいたものの、打線はスタンリッジに対して
再三チャンスを作りながらもそれをものに出来ずに1点差のまま試合は折り返しへ。
だが6回表、1死から金城がツーベースで出塁を果たすと2死から筒香が敬遠気味に歩かされて
黒羽根の打順。ここで横浜DeNAは代打として小池を送り込むが、阪神は100球を越えたスタン
リッジの続投を選択。これが横浜DeNAには吉と、阪神にとっては凶となり、小池のスリーランホ
ームランで逆転に成功すると、7回表には1死から内村が四球・中村紀が新井良太のエラーで出
塁し、2死から金城が四球を選び渡辺直人のタイムリーで4点目を奪ってリードを3点に広げる。
横浜DeNAは9回にも2死から森本のヒットと金城・渡辺の連続四球で満塁のチャンスを作り出す
と、阪神4番手の小嶋が筒香に対し押し出しの死球。阪神バッテリーの自滅で決定的な5点目を
貰いリードを4点に広げれば、最後は山口が今成にヒットで出塁を許しながらも無失点で凌ぎ試合
終了。恐らくこのまま最下位争いのライバルになるであろう阪神相手に、幸先良く勝利を納めた。


今日は高崎が良かったというよりも、阪神の打線が酷かった、というべきなんでしょうかね?
全体的に高めに集まる、所謂「高さ危険太郎」の状態だったわけですが、そんな高崎ですら毎回
走者を背負う被安打9の四死球1でも1失点という有様ですからね。
まあ横浜DeNAの打線も大概で毎回走者を出しながらなかなか点に結び付けられず、満塁から1
点だけとか2回もやってますし……

続きを読む


nice!(2)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今シーズン幾度と見た、ラミが打つと負ける法則がまたも発動 [横浜DeNAベイスターズ2012]

ペナントレースが再開したものの、例年通り最下位驀進でまたしてもシーズン100敗がちらついて
きている横浜DeNAベイスターズとしては、兎にも角にも広島戦の敗戦を止める以上に、迂闊に負
け越ししないことが大事。
さて本日の横浜DeNA先発はクレイマー、対する巨人の先発はホールトン。
その結果は……

DeNA 4-6 読売 で、ジャイアンツの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

読売ジャイアンツ第10回戦(東京ドーム)
TEAM123456789101112RHE
DeNA200001100---4110
読売01110021×---6122




勝利投手:西村健太郎 3勝 1敗 7H 15S  セーブ:スコット・ウィリアム・マシソン 2勝 7H 10S
敗戦投手:篠原貴之 1勝 2敗 13H
本塁打:長野久義 第12号(4回ソロ) アレキサンダー・ラモン・ラミレス 第13号 (6回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 内村(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 渡辺(遊) 下園(右) 鶴岡(捕)
クレイマー(投)
クレイマー(4回0/3)→菊地(3/3)→藤江→加賀(0/3)→篠原(0/3)→大原(3/3)→山口-鶴岡
読売ジャイアンツ
長野(中) 寺内(二) 坂本(遊) 村田(三) 阿部(捕) 高橋由(右) エドガー(一) 谷(左)
ホールトン(投)
ホールトン(5回2/3)→高木京(1/3)→西村→山口→マシソン-阿部


昨日は先制しながらも逆転負けを喫してしまった横浜DeNAだが、今日は初先発のクレイマー。
伝統的に初物、特に左腕に弱い巨人相手なのでひょっとしたら?とも思いましたが、現実はそれ
ほど甘くはなかった……

試合内容は初回に先頭打者の荒波が初球をヒットで出塁すると、ホールトンの牽制悪送球と四球
で無死1・3塁。更には内村の盗塁で2・3塁とすると中村紀の犠牲フライトラミレスのタイムリーで
昨日に続いて先制点を奪うが、筒香が粘った末に四球で歩くも後続が凡退して追加点を奪う事が
出来なかった。一方で横浜DeNA先発のクレイマーは初回は長野にヒットを、2回には高橋由にツ
ーベースを許して毎回先頭打者に出塁を許す立ち上がり。それでも初回は無失点に抑えたが、2
回裏には2死3塁からホールトンにタイムリーを許して1点を返されると、3回には1死から坂本の
ヒットと盗塁に村田の進塁打で2死3塁とされ、続く阿部にタイムリーを許して同点に追いつかれ、
4回には2死から長野にソロホームランを浴び、クレイマーは2回から毎回失点で逆転を許してしま
う。

追われる立場から一転して追う立場になった横浜DeNAは6回表、ラミレスの2試合連発となるソ
ロホームランで試合を振り出しに戻すと、7回には3番手の西村に対し代打金城のヒットと荒波の
死球で無死1・2塁とし、内村の打球を処理した阿部の悪送球でリードを奪うも、後続は頼りのラミ
レスが敬遠されたりとチャンスをものに出来ずリードは僅か1点のみ。
しかも今シーズン、ラミレスがホームランを打つとチームが負ける、というジンクス故なのか。はた
またオールスター休みの調整失敗なのか、満を持して送り込んだ4番手の加賀・5番手の篠原が
乱調でどちらも1死も取ることなく満塁とすると、押し出しの死球であっさりとリードを吐き出し、6番
手の大原は併殺で2死まで漕ぎつけるも再び満塁とすると、代打加治前に痛恨の押し出し四球を
与え、投手陣が自滅する形でまたしてもリードを許してしまう。
その後は8回に山口が1死から坂本のヒットと村田への四球で1・2塁のピンチを背負うと、阿部に
タイムリーを許して勝負あり。
勝ちパターンの中継ぎが総崩れという非常事態で自滅するように逆転を許し、またしてもジンクス
通りに敗れ去った。


昨日は熱中症で書く気力どころか、クレイマーが3点目を失ったところで体が限界に達したため試
合観戦すら途中放棄したので一日遅れで書いています。
さて……ご存知の方も多いと思いますが、横浜DeNAはラミレスがホームランを打つと、その試合
は尽く負けています。

続きを読む


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

またも崩れる国吉、そして迫る筒香の降格 [横浜DeNAベイスターズ2012]

オールスターゲームも終了し、いよいよペナントレースも後半戦が開始。
オールスター前に3連勝を飾って良い形でオールスター休みに入った横浜DeNAベイスターズの
初戦の相手は、現在セ・リーグ首位の読売ジャイアンツ
さて本日の横浜DeNA先発は国吉、対する巨人の先発は澤村。
その結果は……

DeNA 2-6 読売 で、ジャイアンツの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

読売ジャイアンツ第9回戦(東京ドーム)
TEAM123456789101112RHE
DeNA100000010---2100
読売20031000×---680




勝利投手:澤村拓一 8勝 7敗  セーブ:
敗戦投手:国吉佑樹 1勝 6敗
本塁打:ジョン・ブライト・ボウカー 第3号(4回ソロ) 坂本勇人 第9号(4回ツーラン)
     エドガー・ビクトル・ゴンザレス 第4号(5回ソロ)
     アレキサンダー・ラモン・ラミレス 第12号 (8回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
荒波(中) 内村(二) 中村紀(一) ラミレス(左) 筒香(三) 渡辺(遊) 小池(右) 鶴岡(捕) 国吉(投)
国吉(4回)→林(2回)→大原→福田-鶴岡
読売ジャイアンツ
長野(中) 寺内(二) 坂本(遊) 村田(三) 阿部(捕) 高橋由(右) エドガー(一) ボウカー(左)
澤村(投)
澤村-阿部


オールスター直前となる9連戦に4勝4敗1分ながら最後は3連勝という形で締め括った横浜De
NAだったが、前半戦最後の試合でリードオフマンとしてチームを引っ張ってきた石川が骨折によ
る離脱を余儀なくされる非常事態。そして後半戦最初の試合は、現在首位の巨人が相手。
荒波を1番・内村を2番・渡辺を6番に配する新布陣とし、不安要素の尽きない状況でリーグ戦の
再開となったわけだが……

試合内容は初回、立ち上がりで制球の不安定な澤村に対して先頭の荒波が早めに手を出してあ
っさりと凡退してしまうも、続く内村が四球と中村紀の三振の間に2塁へと進塁。続くラミレスはバ
ットを折られながらもレフト前へ運ぶと内村が一気に生還し、横浜DeNAがヒット1本で先制に成功
したのだが、先発の国吉は先頭の長野にヒットと寺内の送りバントで2塁へ進まれると、坂本のタ
イムリーツーベースで想定通りにあっさりと同点に追いつかれ、2死から阿部のセンター前タイムリ
ーでこれまたあっさりと逆転を許してしまう。

2回・3回と国吉は巨人の攻撃にも助けられて無失点で凌いだものの、4回には1死からボウカー
のソロホームランで3点目を失うと長野に四球を与え、寺内に粘られながらも辛うじて2死まで漕ぎ
つける。ここで踏み止まっていればまだまだ勝負の行方は判らなかったのだが、既に球数が100
に近付いていた国吉は坂本得意のインコースストレートをレフトスタンドへ運ばれ、痛恨のツーラン
ホームランを被弾してリードを4点差に広げられると、2番手の林も5回裏にエドガーのソロホーム
ランを許して5点差にされてしまう。
なんとか反撃を試みたい横浜DeNAだったが、澤村に悪いなりにも抑えられて走者を出しながらも
得点に結びつける事が出来ない。
それでも終盤の8回表に先頭のラミレスがソロホームランで1点を返すと、1死から渡辺直人もヒッ
トで出塁して反撃の機運が高まるも代打ルイーズが最悪のセカンドゴロ併殺に倒れて勝負あり。
9回2死から荒波がスリーベースで意地を見せるも最後は内村が三振に倒れ、澤村に完投を許し
て後半戦の初戦は黒星となり、4連勝はならなかった。


オールスターゲーム開催中の1週間、出場しない選手にとってはちょっとした休みの時間でもあっ
たわけですが、本来ならばこの時間を使って前半戦の反省と課題の洗い出しを行い、課題の克服
に時間を割く、即ち練習に充てる時間でもあったわけです。特に若手選手の場合は……
ところが蓋を開けて見たら国吉は何をやっていたのか?と言わざるを得ない投球内容。
いつものように四球出して、いつものように痛打されて、いつものように失点して……いやいや、序
盤はよく2失点で済んでいたよなあ、と。

続きを読む


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

被安打12も無失点で3連勝!ペナント前半戦、終了 [横浜DeNAベイスターズ2012]

38歳のベテランコンビで連勝を飾った横浜DeNAベイスターズだが、投手陣の駒不足は未だに
深刻で三浦・藤井とベテラン頼みの陣容だけに、救世主の出現が望まれるところ。
さて本日の横浜DeNA先発は小林太志、対する東京ヤクルトの先発は石川。
その結果は……

東京ヤクルト 0-4 DeNA で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

東京ヤクルトスワローズ第13回戦(横浜スタジアム)
TEAM123456789101112RHE
ヤクルト000000000---0121
DeNA01000300×---480




勝利投手:小林太志 1勝 1敗 1H  セーブ:
敗戦投手:石川雅規 6勝 7敗
本塁打:
横浜DeNAベイスターズ
石川(二) 渡辺(遊) 中村紀(三) ラミレス(左) 筒香(一) 小池(右) 荒波(中) 高城(捕)
小林太(投)
小林太(5回)→大原(2/3)→菊地(1/3)→藤江→篠原(1/3)→加賀(2/3)→山口
-高城(6回)→鶴岡
東京ヤクルトスワローズ
ミレッジ(左) 田中(二) 松井(中) 畠山(一) バレンティン(右) 宮本(三) 森岡(遊) 相川(捕)
石川(投)
石川(6回)→山本→増渕-相川


広島に3連敗を喫して嫌な流れで迎えた東京ヤクルト戦に連勝し、前半戦最後のカードの勝ち越
しを決めている横浜DeNA。前半戦最後の今日の試合は後半戦への流れを作るためにも、目指
すは今シーズン初の同一カード3連勝。

試合内容は初回、横浜DeNA先発の小林太が2死から松井にセンター前ヒットで出塁されるも畠
山をセカンドゴロに仕留めて無難に立ち上がるが、打線は先頭の石川が出塁するも1死2塁から
中村紀の打球は松井の好守備に阻まれ、ラミレスを敬遠気味に歩かされた後筒香は力の無い
セカンドライナーに抑えられて無得点となったが、2回裏には小池・荒波の連打で無死1・2塁。
残念ながら高城のプロ初打席はセカンドゴロ併殺に倒れるが、小林太志がライト前へのタイムリ
ーを放って今日も横浜DeNAが先制。自ら先制点を叩き出した小林太志は直後の3回表、先頭
の石川に不運な形でヒットによる出塁を許し、1死から田中浩康にはライト前へ上手く運ばれるが
松井・畠山を凡退に仕留めて序盤を無失点で切り抜ける。

中盤の4回、小林太志は2死から森岡・相川・石川と3連打を許し満塁のピンチを迎えたが、中村
紀のファインプレイで無失点に切り抜けると、5回にも2・3塁のピンチを招くも宮本をライトフライに
仕留めて無失点のまま降板。6回も大原・菊地のリレーでピンチを凌いだ横浜DeNAは渡辺の四
球と中村紀のツーベース、更にラミレスの打球をワンバウンド捕球と判定される幸運にも恵まれて
無死満塁のチャンスを作り出すと、小池のタイムリーツーベースで2点を追加。代走の森本がオー
バーランで2死になるも、荒波の打球をレフトのミレッジが落球し4点目。
3点の追加点を奪って1点を争う拮抗した試合の流れを一気に引き寄せる。

その後も横浜DeNAは毎回のように走者を背負いながらも投手陣が踏ん張り無失点。実に7人の
投手リレーで東京ヤクルト打線に12安打を浴びながらも完封リレーで勝利。
昨年5月の阪神戦以来となる同一カード3連勝で、前半戦を締め括った。


今日は期待の高卒ルーキー捕手・高城が一軍初スタメンとなったわけですが、それが功を奏した
のかコバフトが意外にも好投してくれました。それでもまあ、8安打を浴びたわけですが……
特に今日の内容はシュートが良かったですね。
これはルーキーイヤーに6勝を挙げた先発コバフトが戻ってきたのかも?
あとは打撃結果が2打席凡退と初ヒットはお預けだったものの、高城は期待が持てますね。
いやいや、本当に高卒ルーキーですか?と言いたくなるほどに落ち着いていて、今後の成長が本
当に楽しみな選手だな、という印象を与えてくれました。
最近筒香がダメダメなだけに、楽しみが一つ増えた試合でしたね。

続きを読む


nice!(3)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ノリラミ連弾!番長がリーグ最多5完投目でシーズン8勝目 [横浜DeNAベイスターズ2012]

取って取られてのシーソーゲームとなった昨日の試合を、3年ぶりとなる石川の一発で勝ちとっ
横浜DeNAベイスターズ
今日の試合も勝って、東京ヤクルトに勝ち越してAS休みを迎えたいところ。
さて本日の横浜DeNA先発は三浦、対する東京ヤクルトの先発は赤川。
その結果は……

東京ヤクルト 2-6 DeNA で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

東京ヤクルトスワローズ第12回戦(横浜スタジアム)
TEAM123456789101112RHE
ヤクルト000100001---280
DeNA20200002×---690




勝利投手:三浦大輔 8勝 4敗  セーブ:
敗戦投手:赤川克紀 5勝 5敗
本塁打:中村紀洋 第7号(1回ソロ) 第8号(8回ソロ)
     アレキサンダー・ラモン・ラミレス 第11号(1回ソロ) 小池正晃 第2号(8回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
石川(二) 渡辺(遊) 中村紀(三) ラミレス(左) 筒香(一) 森本(右) 荒波(中) 黒羽根(捕)
三浦(投)
三浦-黒羽根
東京ヤクルトスワローズ
ミレッジ(左) 三輪(三) 田中(二) 畠山(一) バレンティン(右) 松井(中) 森岡(遊) 相川(捕)
赤川(投)
赤川(3回)→フェルナンデス(2回2/3)→正田(1回1/3)→押本-相川


打撃好調の石川のツーランホームランで勝ち越し、点の取り合いを制して連敗を止めた横浜De
NAとしては、チームを立て直して後半戦の逆襲をかけるためにもカード勝ち越しはしておきたい
ところ。

試合内容は初回に横浜DeNA先発の三浦が東京ヤクルト打線を三者凡退に仕留めると、直後
の攻撃で2死から中村紀・ラミレスが連続でレフトスタンドへ運ぶソロホームランを放ち、今日も
先制に成功すると3回裏には三浦・石川の連打と渡辺の送りバントで1死2・3塁のチャンスを作
り出し、中村紀のライト前タイムリーで石川も生還して序盤でリードを4点に広げる。

3回まで無失点で抑え4点のリードを貰った三浦だったが4回表、先頭の三輪に内野安打で出塁
を許すと田中浩康にライト前へ運ばれ連打で無死1・2塁のピンチを背負ってしまうと、畠山をサー
ドゴロ併殺に仕留めたもののバレンティンには左中間へのタイムリーを許して1点を返されてしま
うが、三浦は最小失点でこの窮地を切り抜ける。
その後互いに点が入らず膠着した試合だったが8回裏、中村紀と途中出場の小池の連続ホーム
ランで2点を追加し点差を5点に広げる。
三浦は9回表にミレッジ・代打川端の連打で1点を失い、1死から畠山に不運な形で内野安打の
出塁を許してしまうが、最後はバレンティンをピッチャーゴロ併殺に仕留めて試合終了。
三浦が今シーズン4度目の完投勝利を飾り、横浜DeNAは連勝で前半最後のカード勝ち越しを決
めた。


やっぱり大番長は頼りになりますね。
今シーズン5度目の完投、しかも4度目の完投勝利を納める38歳の大ベテラン投手……
マジで今の若手(特に横浜DeNA)は見習うべきですね。
こんな生きた教本が身近に居ながら、どうして横浜DeNAの先発投手陣はアレなのか?と。
あとは久しぶりに出たラミレス・中村紀の連続ホームラン。
GWの中日戦で土壇場に岩瀬から放って引き分けた試合以来となる、ラミノリアベック弾でしたが、
5番の置物はともかく、あれで一気に試合の流れが横浜DeNAに傾きましたね。
5番の置物はともかく紀さんは2打席目でもタイムリー打っていますし、5番の置物はともかく最後
の打席でもダメ押しのホームランを小池と一緒に放って番長を後押し。
5番の置物はともかく、三浦登板時のノリさんは頼りになりますし頼もしいですね。
5番の置物はともかく荒波のあわやホームランという惜しい打球もありましたし、5番の置物はとも
かく番長が完投したからこそ出番が無かったけど期待の高卒捕手・高城も昇格したし、5番の置
物はともかく色々と楽しみが見られる試合でした。

続きを読む


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

追撃の狼煙となる虚無の魔法発動!キャプテンの一発が試合を決める [横浜DeNAベイスターズ2012]

案の定、苦手の広島東洋カープ相手に3連敗を喫し、気が付いてみれば5位と8.5ゲームも離さ
れる単独の最下位を独走状態に陥っている横浜DeNAベイスターズ。
前半戦最後のカードで少しでも勝ちを増やしたいところだが……
さて本日の横浜DeNA先発は藤井、対する東京ヤクルトの先発はロマン。
その結果は……

東京ヤクルト 5-7 DeNA で、ベイスターズの勝利です……[手(チョキ)]

東京ヤクルトスワローズ第11回戦(横浜スタジアム)
TEAM123456789101112RHE
ヤクルト020300000---562
DeNA12011200×---7171




勝利投手:大原慎司 1勝 3H  セーブ:山口俊 2敗 1H 12S
敗戦投手:増渕竜義 2勝 4敗 8H
本塁打:ラスティングス・ダーネル・ミレッジ 第12号(4回スリーラン)
     ランディ・ラダメス・ルイーズ 第1号(4回ソロ) 石川雄洋 第1号(6回ツーラン)
横浜DeNAベイスターズ
石川(二) 渡辺(遊) 中村紀(三) ラミレス(左) 筒香(一) 金城(右) 荒波(中) 鶴岡(捕) 藤井(投)
藤井(4回)→大原(2回)→加賀(2/3)→篠原→藤江→山口-鶴岡
東京ヤクルトスワローズ
ミレッジ(中) 田中(二) 川端(三) 畠山(一) 松井(右) 福地(左) 森岡(遊) 中村(捕) ロマン(投)
ロマン(4回2/3)→正田(1/3)→増渕→山本→押本-中村(5回)→相川


3連敗してなんと1勝11敗と広島だけで借金10という有様の横浜DeNA。
この分を他球団から取り返さなければならないのだが、他球団に対しても大きく勝ち越せている
わけではないのが辛いところ。

試合内容は初回、前回登板では初回に1点を失った横浜DeNA先発の藤井は1死から田中浩
康に四球を与えて出塁を許すも、川端・畠山を凡退に抑えて今日は無失点の滑り出し。
一方で打線は石川・渡辺の連続安打で無死1・2塁とチャンスを作り出すと、中村紀の打球をサ
ードの川端がファンブルし無死満塁とチャンスを広げ、ラミレスのセカンドゴロの間に先制点を奪
うが後続が倒れて追加点を奪えない。
すると直後の2回表、1死から福地・2死から中村と右打者に四球を与えて出塁を許すと、投手
のロマンにレフトへのタイムリーツーベースを許し、ラミレスが打球処理にもたつく間に1塁走者
の中村にも生還を許してあっさりと逆転されてしまうが、先頭の荒波が右中間を破るスリーベー
スで出塁すると鶴岡の犠牲フライで同点に追いつき、石川が四球とロマンの暴投で3塁まで進
むと渡辺直人のセンター前タイムリーで逆転に成功する。

毎回のように四球で走者を出しながらも2点で抑えてきた藤井だったが4回表、1死から森岡・中
村の連打で1・2塁のピンチを背負うとロマンの送りバントを阻止するも、ミレッジにレフトスタンド
へ運ばれてスリーランホームランで再び試合を引っくり返されてしまった。
一転して追いかける立場になった横浜DeNAは4回裏、2死からルイーズのソロホームランで1点
を返すと、5回裏には1死からラミレスがセンター前ヒットとロマンの暴投で2塁に進み、筒香が四
球を選び暴投絡みで2・3塁とすると金城の犠牲フライで同点に追いつきロマンをマウンドから引き
摺り降ろす。
この回こそ逆転はならなかった横浜DeNAだが6回裏、先頭の鶴岡が左中間へのツーベースと代
打山崎の送りバントで3塁まで進むと、石川が3年ぶりとなるホームランを放って2点のリードを奪
い試合を再度引っくり返す。
その後はチャンスを作りながらも追加点を奪えなかったが、投手陣が東京ヤクルト打線の攻撃を抑
え込んで逃げ切り連敗ストップ。
激しいシーソーゲームを制し、実に1週間ぶりとなる勝利を収めた。


3連勝中だった藤井ですが、今日の投球内容は正直なところあまり芳しくなかったですね。
右打席の打者にばかり四球を与えて、そこからの失点が多かったわけですが、それ以前にモタモ
タと投げているなあ、と感じるほどに投球のテンポが非常に悪かったです。
本人も今日の制球は芳しくないのを自覚していたとは思いますが、かなり間の悪い投球をしていた
なあ、という印象でしたね。

続きを読む


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

完全に広島のカモと化した横浜DeNA [横浜DeNAベイスターズ2012]

連夜の花火大会で対広島東洋カープ戦の敗戦数が10にまで膨らんでしまった横浜DeNAベイス
ターズ。前半戦最後の広島戦に勝利を収めて、少しでも苦手意識を払拭できるのか?
さて本日の横浜DeNA先発は国吉、対する広島の先発は野村。
その結果は……

広島 7-1 DeNA で、カープの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

広島東洋カープ第12回戦(横浜スタジアム)
TEAM123456789101112RHE
広島101011300---7102
DeNA000010000---161




勝利投手:野村祐輔 7勝 3敗  セーブ:
敗戦投手:国吉佑樹 1勝 5敗
本塁打:梵英心 第7号(1回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
石川(二) 渡辺(遊) 中村紀(三) ラミレス(左) 下園(右) ルイーズ(一) 荒波(中) 鶴岡(捕)
国吉(投)
国吉(7回)→福田→大原-鶴岡(7回)→黒羽根
広島東洋カープ
天谷(中) 菊池(二) 梵(遊) 岩本(一) 堂林(三) 丸(左) 廣瀬(右) 石原(捕) 野村(投)
野村(7回)→河内(2/3)→梅津(1/3)→福井-石原


バリントン・篠田と連敗を喫した横浜DeNAは前半戦最後の広島戦で悪い流れを変えておきたい
ところだが、今日の相手はここまで1点も取れていない野村が相手。

試合内容は初回、横浜DeNA先発の国吉はボールが高めに集まる状況ながらも天谷・菊池と広
島の1・2番を連続三振に仕留めたが、梵にはバックスクリーンまで運ばれて今日も先制点を許し
てしまえば、打線は野村の前に三者凡退に倒れる苦しい試合の立ち上がり。
2回は互いに三人で攻撃を終えるも3回表、先頭の石原に右中間へ運ばれるヒットと野村の送り
バントで2塁に進まれると、天谷にセンターオーバーのタイムリーツーベースを浴びて序盤でリー
ドを2点に広げられてしまう。

4回は満塁のピンチを背負いながら無失点で凌いだ国吉だったが5回表、先頭の天谷にこの試
合初めてとなる四球を与えて出塁を許すと菊池に送りバントを決められて1死2塁。更に初回先
制のソロホームランを許した梵にセンターオーバーのタイムリーツーベースを許し、じわりじわりと
点差を広げられていく。
3点を追いかける横浜DeNAは5回裏、先頭のラミレスがヒットで出塁するも下園はショートゴロに
倒れ1死1塁となるが、次のルイーズの打球をライトの廣瀬が落球。ライトフライで2死1塁となる
はずが1死2・3塁となり、荒波の犠牲フライで1点を返したが直後の6回表2死から石原を国吉の
悪送球で出塁させると、野村に左中間へのタイムリーヒットを許して再び3点差に。
7回には梵に四球で出塁を許すと岩本・堂林の連打で満塁のピンチを背負い、パスボールと丸の
犠牲フライ・廣瀬のセンターオーバータイムリーで3点を失い、6点差に広げられてしまう。
その後はチャンスを作りながらも点に繋げる事は出来ず、手も足も出ずに敗戦。
完全に力負けを喫し、11敗目で完全に広島のカモと化している状況を打開出来なかった。


とりあえず大原が戻ってきた事が一つの好材料ではありますが、国吉は正直どうなんでしょうね?
点をやってはいけない場面で失点、特に6回と7回は絶対に点を与えてはいけないイニングだった
わけですが、この2イニングで4失点してしまったのでまだまだイニングイーター以上の役割は与え
られないなあ、というところでしょうね。
まあ、現実的にはイニングイーターすらこなせていないわけですが……あの2イニングをしっかりと
抑えられれば大きく飛躍する可能性もあっただけに、残念な結果でしたね。
それ以外は、一方的にやられたのであまり振り返りたくないです。

さて、明日からいよいよ前半戦最後のカードである東京ヤクルトスワローズ戦。
明日の先発は横浜DeNAが藤井、東京ヤクルトはロマンです。
そろそろ見ている方もモチベーションを保つのが難しくなっているわけですが、なにかしらの希望は
ないものでしょうかね?

nice!(5)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

連夜の花火大会開催で10敗目を喫して崖っぷち [横浜DeNAベイスターズ2012]

昨日の試合は投手陣の大炎上で大量12失点を喫して敗戦した横浜DeNAベイスターズ。
10試合やって僅か1勝しか出来ていない広島東洋カープ相手の負け越しを少しでも減らさない
限り順位を上げる事は出来ないのだが……
さて本日の横浜DeNA先発は山本、対する広島の先発は篠田。
その結果は……

広島 8-3 DeNA で、カープの勝利です……[もうやだ~(悲しい顔)]

広島東洋カープ第11回戦(横浜スタジアム)
TEAM123456789101112RHE
広島110031011---890
DeNA000110100---391




勝利投手:今村猛 1勝 14H 2S  セーブ:
敗戦投手:山本省吾 1勝 4敗
本塁打:迎祐一郎 第1号(2回ソロ) 第2号(8回ソロ)
     アレキサンダー・ラモン・ラミレス 第10号(4回ソロ) 廣瀬純 第3号(6回ソロ)
横浜DeNAベイスターズ
石川(二) 渡辺(遊) 下園(右) ラミレス(左) 金城(中) ルイーズ(一) 筒香(三) 鶴岡(捕) 山本(投)
山本(7回)→江尻-鶴岡
広島東洋カープ
天谷(中) 菊池(二) 梵(遊) 岩本(一) 堂林(三) 迎(左) 廣瀬(右) 石原(捕) 篠田(投)
篠田(4回)→中田(2回0/3)→今村(2回)→ミコライオ-石原


昨日の試合は大量失点を喫して今シーズン唯一勝利を収めたバリントンに敗戦した横浜DeNAと
しては、今日の試合で少しでも流れを変えておきたいところだが、今日は苦手な篠田が相手。

試合内容は初回、横浜DeNA先発の山本は先頭の天谷にツーベースで出塁を許すと菊池の進塁
打と梵の犠牲フライであっさりと1点を失えば、2回表には迎にソロホームランを被弾して2点目を
失う嫌な感じの立ち上がり。
一方で打線は初回から篠田に対してヒットと四球で走者を出して攻め立てるも、得点に結び付けら
れる事が出来ない。
横浜DeNAの反撃は4回裏、先頭のラミレスが初球をレフトポール際に放り込むソロホームランで
1点を返すと金城と筒香が四球、ルイーズがレフト前ヒットで無死満塁と逆転のチャンスを作り出す
も鶴岡は最悪のサードゴロ併殺打、山本はファーストゴロに倒れて1点差のまま。
ところが直後の5回表、山本は石原にあわやホームランというツーベースで出塁を許すと、代打倉
のバント処理を山本が送球ミス。これがタイムリーエラーとなって再び2点差にされると、天谷に死
球・菊池に送りバントを決められて1死2・3塁のピンチを招き、フルカウントから梵に低めの変化球
をセンター前へ上手く運ばれて2点タイムリーツーベースを浴び4点のビハインドを背負ってしまう。

昨日同様に4点を追いかける状況になってしまった横浜DeNAは5回裏、石川が粘った末にヒット
で出塁すると、渡辺のセカンドゴロで走者が入れ替わるも下園の右中間を破るツーベースで渡辺
が生還し1点を返すが、直後の6回表には廣瀬にソロホームランを浴びて再び4点差に。
それでも諦めない横浜DeNAは代打内村が四球で出塁すると、3番手今村から石川が左中間へ
のツーベースを放って無死2・3塁のチャンスを作り出し、渡辺のタイムリー内野安打で3点差とす
るが更なる得点は奪えず、逆に2番手の江尻が迎に2本目のソロホームランを被弾して4点差。
9回表にも代打木村に内野安打・天谷に四球で出塁を許すと、菊池をショートゴロ併殺に仕留め
るも梵にセンター前タイムリーで5点差にされ勝負あり。
最後はミコライオの前に三者凡退に倒れ、これで今シーズンの広島戦は早くも10敗目を喫した。


なんというか……色々な意味で我慢する時なのかな?という気もします。
まず投手陣が色々とダメで、得点直後に失点というパターンが続いていますね。
山本は6失点しましたが7回まで投げ、昨日の高崎がイニングを喰えなかった分を稼いでくれたと
考えればそれなりに評価はしたいところではありますが、やはり被弾し過ぎだなあ。
野手陣に関しても無死2・3塁とか1・2塁とかチャンスを作っても、1点しか取れない状況が続い
ている気がしますね。

続きを読む


nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 横浜DeNAベイスターズ2012 ブログトップ
トラックバックは一部のブログや時間帯、 記事によって弾かれてしまうことがあります。 頂いたトラックバックには返信するよう心掛けておりますが、 全てのトラックバックに返信する事が叶わない事を予めご了承下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。